エゴサーチ

企業がエゴサーチを行うべき理由と詳しいやり方のポイントを解説

企業がより向上していくためには、自社の知名度や評判など、現状を理解することが大切です。検索サイトやSNSを利用したエゴサーチでは、消費者が企業に抱くブランドイメージや評判をリアルタイムで知ることができます。

また、検索結果の件数などから企業の知名度を図ったり、書き込み内容から見込み客を把握したりできるため、今後のマーケティング戦略に有効活用できます。

今回は、企業がエゴサーチを行うべき3つの理由よ、検索方法について解説します。

企業がエゴサーチを行うべき理由

企業がエゴサーチを行うべき最大の理由は、インターネットを活用し、手軽に自社の評判や知名度を把握できる点にあります。また、自社のサービスや商品に興味を持つ消費者の存在を把握できるというメリットもあります。それぞれ詳しく見てきましょう。

1. 企業の印象や評判がわかる

インターネット上で情報や意見を交わすSNSや匿名掲示板、自分の興味あるテーマや日常を綴るブログなどは、比較的匿名性の高く、本音を書きやすい場です。そのため、消費者が企業に対して抱いている印象や商品・サービスの評判などをダイレクトに知ることができます。

2. 企業の知名度がわかる

TwitterなどのSNSでエゴサーチをすると、自社の商品やサービスについての書き込みが一覧表示されるため、自社が今どれだけ知名度があるのかを測ることも可能です。また、書き込みの内容で、自社が「どんなことをしている会社なのか」「その商品やサービスがどのようなことに役立つか」といった認知度がわかります。

企業にとって知名度・認知度の調査は重要な課題の1つです。知名度や認知度がどれだけ高いかによって、広告の出し方なども変わってくるでしょう。

3. 「見込み客」の存在を把握できる

エゴサーチをしていると、「〇〇(商品名)って良いのかな」「〇〇(企業名)のあのサービスを利用したい」など、自社の商品やサービスが気になっている消費者、いわゆる「見込み客」を見つけることができます。

見込み客を把握できれば、より消費者が商品やサービスを利用したいと思うような広告・宣伝を展開するなど、見込み客から顧客になってもらえるようなアプローチを仕掛けていけるでしょう。

そもそもエゴサーチとは?

エゴサーチ(ego search)とは、検索サイトやSNSを利用して、インターネット上で自分の印象や評判を調べる行為です。自身の名前(本名もくしはハンドルネーム、芸名)、企業の場合は企業名や商品名、サービス名で検索し、インターネット上での評判や感想を確認します。

TwitterなどのSNSは匿名性が高く、消費者の本音が書き込まれやすい傾向です。そのため、エゴサーチでは良い評判だけでなく、悪い評判、場合によってはバッシングのような書き込みを発見することも珍しくありません。エゴサーチをする際は、そういったリスクを理解した上で消費者の意見を受け止める必要があります。

悪い評判にも耳を傾けることで、商品やサービスの改善、社内環境の見直し、リスクマネジメントなどに役立てることができます。

また、ときには企業に対する誹謗中傷を見つけることもあります。このような書き込みを放置していると、風評被害を拡散してしまう可能性があるでしょう。エゴサーチによって誹謗中傷を見つけたら、悪質度によっては法的処置を講ずるといった対処が必要です。

企業がエゴサーチを行う際の注意点

企業がエゴサーチを行う際は、以下のつに注意しましょう。

1. エゴサーチを1回限りで終わらせない

エゴサーチによって会社の評判や改善点を把握したり、炎上案件を早期発見するためには、エゴサーチを1度だけで終わらせないことです。消費者の声をリアルタイムで拾っていくためには、每日、または2日に1回など、できるだけ短い間隔で、定期的に行うことが必要です。

2. 膨大な情報がヒットしたときの対応策を考えておく

エゴサーチでヒットした情報が膨大な数に及んだとき、そのすべての意見を参考にすることは難しいでしょう。膨大な意見のなかから、どういった意見をピックアップしていくか、その意見をどのようにまとめていくか、事前に対応策を考えておくことが必要です。また、まとめあげた情報の具体的な活用方法についても決めておきましょう。

3. エゴサーチを嫌う消費者がいることを理解しておく

エゴサーチをする際に理解しておきたいのが、消費者のなかには企業がエゴサーチを行うことについて、嫌悪感を抱いている人もいるということです。

エゴサーチは、あくまで企業イメージを知るための実態調査であることを前提に行いましょう。あまり戦略的な面を見せてしまうのは好ましくありません。企業のエゴサーチを嫌がる一定数の消費者に発覚した際、企業に対する批判につながり、SNSで拡散される可能性もあります。

企業がエゴサーチを行う方法(SNS種類別)

企業がエゴサーチを行う方法について、SNSの種類別に紹介します。

1. 最も気軽に行えるGoogleなど検索サイトでのエゴサーチ

エゴサーチの最もシンプルな方法は、GoogleやYahoo!などの検索サイトと利用することです。自社名や自社商品などで検索し、検索結果の一覧から消費者の声を拾っていきます。

直近の評判やコメントを見たい場合は、期間指定や日付指定を利用しましょう。

2. 消費者のリアルタイムの声が拾いやすいTwitterでのエゴサーチ

短い文章で「今」の声を発信するTwitterは、消費者の生の声をリアルタイムで収集できるSNSです。リツイート利用した拡散力も高く、Twitterを有効利用できるかどうかで企業戦略も大きく変わってきます。

Twitterでの上手なエゴサーチ方法は、自社名や自社商品名だけで検索するのではなく、「自社商品名 欲しい」「自社名 気になる」 など、複数のキーワードを組み合わせることがポイントです。

3. 若年層の意見を収集できるInstagramでのエゴサーチ

Instagramは画像や動画をメインとしたSNSで、トレンドに敏感な10〜20代の若者は多く利用しています。若年層の意見を拾いたいときにぜひ活用したいSNSです。

Instagramの検索画面には、アカウント、ハッシュタグ、スポットの3種類があります。企業のエゴサーチでは、ハッシュタグを選びましょう。#自社商品名など、検索ワードの先頭に#をつけて検索する方法です。

期間限定のキャンペーンなどを行っている場合は、事前に独自のハッシュタグを宣伝し、ユーザーに使用してもらうよう誘導しておきましょう。キャンペーン期間中にその独自タグで検索すれば、ピンポイントでエゴサーチを行うことができます。

企業がエゴサーチ後に行うべき対策

エゴサーチによって得た情報は、企業イメージを向上させるための対策に活用しましょう。

1. 消費者が抱く自社の強みを理解し新たなブランドコンセプトを確立する

エゴサーチでは、それまで企業自身が認識していなかった自社の強みや弱みを改めて知ることができます。消費者から見た自社の強みを理解することで、企業のブランドコンセプトについて、改めて考えることができるでしょう。

また、そこから消費者に抱いてほしいブランドイメージを膨らませ、10〜20代にはTwitterやInstagramを活用、40代以降には広告やTVCMを出すなど、特定のターゲットへの効果的な情報発信について話し合っていく必要があります。

エゴサーチの情報を有効に活用し、自社の強みを全面に押し出した企業イメージを定着させることで、ライバル企業との差別化を図っていきます。

2. ネガティブな評判から自社の競争優位性を見直す

エゴサーチによって、「〇〇(自社名)のあの商品は△△(他社名)の定番商品に似ている」といった、自社の競争優位性に問題があるかのような意見を見つけた場合は、企業の内部環境を分析し、状況に応じて改善していく必要があります。分析方法としては、経済価値(Value)・希少性(Rarity)・模倣困難性(Inimitability)から、組織(Organization)経営資源の優位性をを評価するVRIO分析があります。

エゴサーチを活用して企業ブランドイメージ向上に役立てよう

企業がエゴサーチを行うメリットは、特別な費用をかけずに自社のブランドイメージをリアルタイムで知ることができる点です。また、見込み客の発見や、クレームなどを事前に把握することで、今後のマーケティング戦略の参考にしたり、リスクマネジメントの役立てることも可能です。

エゴサーチは一度だけでなく、間隔を決めて定期的に行いましょう。できるだけタイムリーな声を拾いたい場合は、每日または2日1回の頻度で行うと良いでしょう。また、Google、Twitter、Instagramなど、検索サイトやSNSごとにエゴサーチを行うことで、違った視点の意見を取り入れることができるでしょう。

Twitter広告でフォロワーは増える?Twitterの特徴をご紹介

Twitter広告でフォロワーは増える?Twitterの特徴をご紹介

情報の拡散力が高いTwitterは、広告媒体としても広く活用されていますが、実際に効率的に運用するには積極的なフォロワーの獲得が必要となります。
スムーズなフォロワー数増加には、Twitter広告を上手に活用することが不可欠です。
そこで今回は、Twitter広告の特徴を紹介するほか、Twitter広告でフォロワーを効率的に増やす方法について解説していきます。

Twitter広告とは?

Twitter広告とは、Twitterのタイムライン・検索結果等に広告を配信できるサービスです。
Twitter広告には、Twitterの「リツイート機能(他アカウントのツイート共有機能)」を活用して、フォロワーに対して自分が共有したいツイートを流す「二拡散機能」を利用できるという特徴があります。
そして、この「二拡散機能」が、広く、そして多くの人に広告を拡散できる可能性を高めるという役割を果たしています。
このようなTwitter広告のメリットを活かし、効率よくフォロワーの数を増やしていきましょう。

Twitter広告を利用する目的

ところでTwitter広告を利用するにあたって、効果をあげるには、どのような目的を持ってユーザーにアプローチするのか、あらかじめ明確にしておく必要があります。
以下にTwitter広告を利用する目的8つを紹介します。

1. ツイートのエンゲージメント数の増加
2. プロモビデオ再生数の増加
3. ブランド認知度の向上
4. ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン数の増加
5. インストリーム動画再生数の増加
6. フォロワー数の増加
7. アプリインストール数の増加
8. アプリの起動回数の増加

広告配信の際には、目的にあわせたキャンペーンを選ぶ必要がありますので、これらのうち、どの目的設定をするのか、あらかじめ検討しておきましょう。
なお、これら8つの目的は、それぞれで費用の発生ポイントが異なるため、どれくらいの費用がかかるかについても、きちんと確認しておくのがおすすめです。

Twitter広告の種類

Twitter広告の種類には、主に次の3つの種類があります。
1. プロモツイート
2. プロモトレンド
3. プロモアカウント

以下、具体的にこれら3つのTwitter広告の特徴について説明します。

1. プロモツイート

タイムラインへ広告を掲載できる「プロモツイート」は、広告閲覧や、エンゲージメント(ユーザーがツイートに反応した回数、いいねやリツイートなど)の増加を目的に利用する広告です。
プロモツイートには「プロモーション」タグがつけられ、通常のツイートと同様、リプライやリツイート、いいねを送ることができます。
プロモツイートはタイムラインへの表示が一般的ですが、その他にもTwitter公式が提供しているアプリやプロモトレンドの検索結果、広告関連アカウントのプロフィールなどにも表示されます。
そのため、プロモツイートを利用してより多くのユーザーに広告を閲覧してもらうこともできます。

2. プロモトレンド

「プロモトレンド」とは、現在話題になっている情報をリアルタイムで表示する広告機能です。
通常、タイムラインや「おすすめトレンド」の部分に表示される広告ですが、「おすすめトレンド」の一番目に広告が表示された場合、多くのユーザーが目にする確率が高いため、より効果的な宣伝が可能となります。
なお、プロモトレンドは、Twitter社の認定後利用できる形となっているため、事前の申し込みが必要となります。
そのほか、機能を利用するために、最低でも800万円程度の費用がかかるため、前もって費用を準備しておかなければなりません。

3. プロモアカウント

「プロモアカウント」とは、主にフォロワー獲得を目的とした広告で、現時点でアカウントのフォローを行っていないユーザーなど、直接接点のないユーザーに表示される広告機能です。
プロモアカウントでは、ユーザーの興味関心や登録情報などからターゲティングを行ったユーザーを分析した上で、おすすめユーザーとして表示する形をとっています。そのため、プロモアカウントは、ユーザーの新規開拓にも適した手法となっています。
フォロワーを効果的に獲得でき、ユーザーへの情報発信がしやすくなるという点からも、プロモアカウントはフォロワー数増加におすすめの方法です。

フォロワー増加を目指すならプロモアカウントの利用が有効

プロモアカウントは、新規フォロワーの獲得を目的としているため、他のTwitter広告と比較し、スムーズな集客が可能であり、商品やサービスの認知度が低い場合でも、効率的に情報拡散をすることができます。
そのような点からいっても、純粋にフォロワー数の増加を目指すのであれば、プロモアカウントを利用するのが最適です。
特に、新しいプロモーションを実施する前や新規アカウントを開設した場合にプロモアカウントを利用すると、より効果的にフォロワーの増加をはかることができます。
また、プロモアカウントは、フォロワーの獲得ごとの課金となるため、「広告が表示されただけ」「フォロー以外のアクションがあった」という場合には課金されないという点でもメリットがあります。そのため、広告宣伝にかかる費用を抑えたいという場合にもぴったりです。
フォロワーの獲得単価は、管理画面で任意に設定できますので、獲得単価の調整も簡単です。

プロモアカウントの掲載場所とターゲティング方法

ここでは、「プロモアカウントを掲載する場所」と「プロモアカウントのターゲティング方法」について説明します。

プロモアカウントを掲載する場所

プロモアカウントは、「おすすめユーザー」やタイムライン、アカウントの検索画面に表示されます。
プロモアカウントの広告クリエイティブ(広告用の画像もしくはテキスト)には、「フォローする」もしくは「フォロー」のボタンが表示されますので、ユーザーはこれらのボタンをクリックし、アカウントのフォローができるようになるという仕組みです。

プロモアカウントのターゲティング方法

プロモアカウントのターゲティング方法(細分化された市場の中からどこで勝負するのかを選ぶこと)では、以下の8つが利用できます。
これら8つの方法については、それぞれを組み合わせて利用することも可能です。

1. テイラードオーディエンスターゲティング
2. 言語ターゲティング
3. 地域ターゲティング
4. 性別と年齢情報によるターゲティング
5. テクノロジーターゲティング
6. キーワードターゲティング
7. 興味関心ターゲティング
8. フォロワーターゲティング

以下、これら8つのターゲティング方法について説明します。

1. テイラードオーディエンスターゲティング

テイラードオーディエンスターゲティングとは、すでに接点のあるユーザーにアプローチするターゲティング手法です。
顧客のメールアドレスやTwitterユーザー名をリスト化したもの、ウェブサイトにアクセスしたユーザーなどにアプローチすることが可能です。

2. 言語ターゲティング

言語ターゲティングとは、特定の言語を話すユーザーにアプローチするターゲティング手法です。
ターゲティングの対象は、プロフィールの設定情報やTwitterで主に使用している言語等から判断しています。

3. 地域ターゲティング

地域ターゲティングでは、特定の国や地域、または都市に限ったターゲティングを行います。

4. 性別・年齢情報ターゲティング

性別・年齢情報ターゲティングでは、ユーザーがTwitterプロフィールに入力した内容をもとに、情報収集を行っています。
年齢情報の記載がない場合は、ユーザーのフォローしている興味などから、情報を推測し、収集をしています。

5. テクノロジーターゲティング

テクノロジーターゲティングは、Twitterを利用するときの端末情報からターゲティングを行う方法です。
ターゲティングする際には、端末モデルのほか、OSバージョンや携帯電話会社等の情報からアプローチする利用者の判別を行っています。

6. キーワードターゲティング

キーワードターゲティングでは、「ユーザーが検索した内容」や「ユーザーがツイートした内容」に関連性が高いものでターゲティングを行います。
この手法は、ユーザーの興味や関心に合わせたアプローチに効果が高いというメリットがあります。

7. 興味関心ターゲティング

興味関心ターゲティングは、「教育」や「ビジネス」「健康」といった25のカテゴリとその中に含まれる350種類のサブトピックから、ユーザーの興味関心に沿ったターゲティングが可能です。
幅広い範囲のユーザーからまとめてターゲティングできるという特徴があります。

8. フォロワーターゲティング

フォロワーターゲティングとは、すでにターゲティングを行っているフォロワーと興味関心が似ているユーザーにアプローチする手法です。
自社のサービスに関心が高いユーザーと接点を持つことができますので、効率よく広告配信することが可能です。

プロモアカウントを成功させるためのポイント

プロモアカウントのイメージ

プロモアカウントを成功させるためには、次の2点について留意することが重要となります。

1. より効果のあるターゲティング設定を行う
2. わかりやすく簡潔な広告クリエイティブを心がける

1. より効果のあるターゲティング設定を行う

ターゲティングを行う際は、アプローチの幅が広げられるようなターゲティング設定をすることが大切です。
そのためにも、はじめから自社のビジネスに限定した層に絞るのではなく、すでについているフォロワーと興味関心が近い層にもアプローチをしていくのがおすすめです。

2. わかりやすく簡潔な広告クリエイティブを心がける

効果的にプロモアカウントを運用するためにも、わかりやすく簡潔な広告クリエイティブを心がけましょう。
過剰なリンク設置やハッシュダグ、画像追加を行わず、シンプルなテキストのみで構成されたもののほうが、ユーザーからのフォローを受けやすくなります。

フォロワー獲得におすすめ!フォロワー購入サービスの活用

ここまでフォロワー獲得のために必要なTwitter広告の特徴をご紹介してきましたが、さらなるアカウントの成長には、フォロワー購入サービスの利用もおすすめです。
フォロワー購入サービスとは、その名の通り「Twitterのフォロワーを買う」ことのできるサービスですが、上手に活用することで、フォロワーを効率的に獲得し、集客をスムーズに進めることができます。
ただし、フォロワー購入サービス利用することにより、Twitterのアカウント凍結等のリスクも伴いますので、利用するサービスについては十分に検討しなければなりません。
一般的に、質が良いとされるフォロワー購入サービスには次の3つの特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

● 1. 日本人フォロワーが多めである
● 2. 実態のあるTwitterアカウントのフォロワーが購入できる
● 3. フォロワーの増え方に不自然さがない

Twitter広告のフォロワー獲得は効率も大切!

Twitter広告は、Twitterのリツイート機能を活かし、より多くのユーザーに広告を拡散できるため、効果的なサービスのプロモーションが可能です。より情報拡散の効果を高めるには、Twitter広告のフォロワーを増やしていくことが重要といえるでしょう。
そのためにも、Twitter広告のフォロワー数獲得にあたっては、数を地道に増やしていくのはもちろんのこと、効率を重視した方法も検討してみる必要があります。
最後でご紹介したフォロワーの購入サービスの利用も、Twitter広告のフォロワーを無理なく増やすために有効な手法です。
「SNS代行.com」では、日本国内のみならず世界中のリアルなユーザーからの集客となっているため、スムーズなフォロワー獲得が可能となっております。そのため、お客様のTwitterアカウントの幅広い認知にもおすすめです。
また、一般的なフォロワー販売業者とは異なり、自動運用ツールやロボットでのフォロワー増加を行わないため、安全にご利用いただけます。
Twitterアカウントの効率的な集客に、ぜひ「SNS代行.com」をご利用ください。

インスタマーケって?インスタグラムマーケティングで知っておきたいポイントを解説

Instagram(インスタグラム)をはじめとするSNSは、利用者数は年々増え、検索ツールとして利用する機会も多くなりました。とくにInstagramは、2019年3月時点の日本国内の月間アクティブアカウント数が3,300万を超えました。

利用者の多さから、企業も自社製品やサービスの認知度を上げるために、続々とInstagramへマーケットを広げています。マーケティング戦略として、Instagramの運用は基本となりつつあります。

しかし、Instagram特有のコンテンツから、参入を足踏みしている企業もあるのではないでしょうか?

TwitterやFacebookなど、従来のSNSとは異なる仕様のため、マーケティング運用に迷うかもしれません。とはいえ、Instagramのユーザーから、認知・支持を得るチャンスを逃すのはもったいない。Instagramマーケティングで、自社製品・サービスのアピールをしましょう。

この記事では、InstagramとほかのSNSとを比較し、Instagramマーケティングのメリット・デメリットを解説します。さらに、Instagramを運用するときに、知っておきたい注意点についても、説明していきます。

インスタグラムマーケティングとは

Instagramマーケティングとは、Instagramを利用してブランディングし、自社の製品・サービスの市場調査や宣伝を行うことです。

ブランディングは、自社の製品・サービスについて、消費者に自社と共通のイメージを認識させることを指します。具体的にいうと、ある企業Aの製品Bを消費者に認知させ、「企業A=商品B」というイメージをもってもらうことです。ブランディングを行うことで、広告や集客の範囲が狭まり、コスト削減につながります。

Instagramでは、ユーザー同士の単純なコミュニケーションだけでなく、投稿を見て商品に興味をもち、商品の購入に至るパターンが散見されます。このようなユーザー行動の特徴から、企業によるマーケティングに、Instagramが活用されているのです。

インスタグラムが他のSNSより優れている理由

Instagramには、ほかのSNSにはない機能や、Instagram発の機能が備わっており、マーケティングに利用しやすいことが特徴です。 次の表は、Instagramと主なSNSを比較しています。

ユーザー数ユーザー層拡散性マーケティング手法
Instagram3,300万10~30代と若年層に多い拡散機能はないエンゲージメントマーケティング
Facebook2,600万30代が多いシェア機能ありプライバシー保護を念頭においた手法が必要
Twitter4,500万20~30代が多いリツイートにより拡散されやすいプレゼントキャンペーンを利用した手法
LINE8,600万幅広い年齢層が利用タイムラインの共有ありクーポンやセール情報の発信
TikTok950万10~20代が多いほかのSNSと連携して拡散しやすい動画を使った手法

Facebookは実名制のため、プレゼントキャンペーンを利用した手法には向きません。一方で、匿名性の高いInstagramやTwitterでは、プレゼントキャンペーンとも相性がよいと考えられています。

LINEは幅広い年齢層が利用しており、マーケティングにも利用できると有効ですが、商品やサービスの認知度を上げる目的では、使いにくいのが実情です。

TikTokは動画に特化したSNSで、ほかのSNSと連携して拡散させる手法を、取りやすいとされています。

インスタグラムにおすすめの商材

Instagramは、マーケティングに活用できるSNSです。

しかし、どんな商品・サービスにも利用しやすいわけではなく、適した商材があります。Instagramに限らず、どのSNSをマーケティングに利用するときも、ユーザーの年齢層や、興味にマッチした商材を扱うことが成功のポイントです。

ここでは、Instagramマーケティングにおすすめの商材について、説明します。

20代・30代の男女が興味をもっている美容品・ファッション

Instagramのユーザーは、10代~30代と若い世代が多いことが特徴です。しかし、いくらユーザーが多いからといって、10代をターゲットにすると低価格の商品・サービスが中心となってしまいます。

そのため、Instagramマーケティングで扱う商材は、20代~30代が興味をもっている美容品やファッションがおすすめです。ただし、扱う商材の価格帯は、40代以上をターゲットにするときよりも、低いものを選ばなくてはいけません。

Instagramの利用者は、女性がやや多いとされていますが、近年は男性のユーザーも増えています。また、男性用の美容品も注目されており、美容品やファッションはInstagramマーケティングに適した商材と言えるでしょう。

画像の投稿が中心で、美容品やファッションに関するコンテンツが作りやすいことも、おすすめの理由です。

デザイン性の高い家具・インテリア用品

美容品やファッションのほかに、画像を利用してマーケティングしやすいのが、家具やインテリアです。インスタグラマーが投稿する、おしゃれな部屋などをきっかけに、画像に写っている家具やインテリア用品が、注目を集めることもあります。

画像を最大10枚まで投稿できるInstagramは、物件紹介などのコンテンツも作りやすいことが特徴です。間取り図や室内の画像を載せるのに、ちょうどよい枚数でもあることから、不動産業者の参入も目立ちます。

飲食サービス

いわゆる「インスタ映え」を狙った投稿が話題となることもあり、Instagramを利用した飲食サービスのマーケティングにも注目です。画像と食べ物は非常に相性がよく、ユーザーに興味をもってもらえるコンテンツを作成しやすいでしょう。

実際にInstagramの投稿を見て、実店舗を訪れるユーザーも少なくありません。Instagramマーケティングを利用した飲食サービスは、移動販売車など日によって販売場所が異なるサービスとも相性がよい方法です。

インスタグラムマーケティングのメリット

Instagramを活用したマーケティングには、次のようなメリットがあります。

・認知度を上げる
・無料で利用できる
・視覚的なアプローチができる
・ユーザーとコミュニケーションがとれる

ここでは、Instagramマーケティングを行うメリットについて、詳しく解説します。

自社製品・サービスの認知度を上げられる

Instagramマーケティングでは、自社製品・サービスの認知度を上げるツールとしてのメリットがあります。

ユーザー数が多く、不特定多数の目にとまる可能性が高くなります。とくに若年層は、ハッシュタグを用いた検索ツールとして使用していることもあり、似た製品に興味のあるユーザーに、自社製品を認知してもらうチャンスです。

無料で情報発信ができる

Instagramのアカウント作成は、無料です。

新しいツールやシステムを導入する場合は、導入コストが気になりますが、Instagramの使用自体には費用がかかりません。もちろん、運用にはマーケティングコストがかかりますが、初期費用を抑えられる点では、無料でアカウントを作成できることはInstagramのメリットでしょう。

視覚的なアプローチが可能

Instagramは、画像や動画がメインのSNSです。検索画面やフィードは、文字は一切なく、画像のみがずらりと並びます。

文字でのアプローチが中心のTwitterや、文字+画像で魅せるFacebookよりも、視覚的なアプローチがしやすいことが、Instagramマーケティングのメリットの1つです。

現在は、画像に文字を入れ、雑誌のように編集したコンテンツが注目されています。Instagramの画像に特化した投稿方法を、うまく利用したマーケティングです。

ストーリーズ機能でより身近に感じてもらえる

Instagramには、通常の投稿(フィード)のほかに、24時間で投稿の消えるストーリーズ機能があります。レビュー紹介やクーポンの配布、アンケート調査を行うときに有効な機能です。

ユーザーの意見を聞くなど、コミュニケーションを図れることも、Instagramマーケティングのメリットと言えます。

インスタグラムマーケティングのデメリット

Instagramマーケティングには、よい面もありますが、一方でデメリットがあることに留意しましょう。デメリットは、主に次のとおりです。

・年齢層に偏りがある
・拡散性が低い
・テキストのみの投稿ができない

デメリットを理解したうえで、Instagramマーケティングを行うことが重要です。

年齢層に偏りがある

当たり前かもしれませんが、Instagramマーケティングは、Instagramのユーザーにしかアプローチできません。

Instagramを利用している年齢層は、多くが10代~30代です。年齢層が上がると、ユーザー数が減るため、ターゲット層の年齢が高い商材は、Instagramマーケティングに不向きな可能性があります。

そのため、商材によってはInstagramだけでなく、ほかのSNSと併せて運用をする必要があるでしょう。

拡散性が低い

Instagramには、Twitterのリツイートのような拡散機能がありません。そのため、拡散性が低いSNSであると考えられています。

TwitterやFacebookの場合は、ユーザー同士で投稿を共有し、共感が多い投稿はより広く拡散していきます。Instagramの場合は、ユーザー同士の共有がしにくく、拡散力は強くないのが現状です。

Instagramマーケティングでは、ハッシュタグを使った検索で、より多く検索されるような工夫が必要と言えるでしょう。

テキスト投稿には不向き

Instagramは、画像をメインとしたSNSです。テキストの投稿もできますが、ほかのSNSとは異なり、テキストのみの投稿はできません。あくまでも、画像コンテンツの補助として、テキストの投稿ができるという位置づけと考えてよいでしょう。

そのため、テキストを中心にマーケティングを行いたい場合には、Instagramは不向きです。

インスタグラムマーケティングの運用方法

Instagramマーケティングを活用するときは、やみくもに運用を始めてはいけません。必ず、ターゲットとコンセプトを決めます。

ここでは、Instagramマーケティングを行うときの運用方法について、解説します。

目的とKPIを設定

Instagramマーケティングでは、運用の目的とKPIを設定することが重要です。

運用の目的が定まっていないと、ターゲットやコンセプトがずれてしまい、マーケティングの失敗につながります。どのような目的で、Instagramを運用するのかを、最初に決めましょう。

KGIの設定も必要ですが、Instagramをツールとしたときに、どのようなプロセスが必要なのかKPIを設定します。InstagramにおけるKPIの例は、主に次のとおりです。

・フォロワー数
・いいねの数
・指名検索の数

目的を達成するために、必要であると考えられるKPIを設定しましょう。KPIを設定することで、目的の到達度を図ることができます。

運用方針と施策を決める

目的とKPIを設定したら、次は運用方針と施策を決定します。具体的に挙げると、どのターゲット層に、どのようなコンテンツを発信するのかの方針です。

「ターゲットを広く設定するほうが、集客力を上げられるのでは?」と考えがちですが、集客できても、Instagramマーケティングでは、成就につながらなければ意味がありません。成就率を上げるには、ユーザーに当事者意識をもってもらうことが大切です。「自分に関係がある」と思わせることで、商品・サービスにより強い興味をもち、購入につながります。

そのためには、Instagramの運用方針と施策の作成は、運用の成功を決める重要な工程です。

インスタグラム運用の注意点

Instagramマーケティングにおいて、運用する際に注意することもあります。

運用を成功させるためには、注意点をよく理解し、失敗しないコツを学んでおくことが重要です。ここでは、Instagram運用における注意点を3つ紹介します。

コンテンツに一貫性を持たせる

Instagramマーケティングを成功させるには、作成するコンテンツに一貫性をもたせることがポイントです。

使用する画像のテイストや、文字の装飾などが投稿によってバラバラだと、企業イメージが定まりにくく、適切なブランディングができません。

ハッシュタグによって検索数が異なる

Instagramでは、ハッシュタグを用いてユーザーが検索を行います。ほかのSNSにあるようなユーザー同士の共有機能がないため、ハッシュタグの運用が肝といっても過言ではないでしょう。

検索数の多いハッシュタグを用いることが、Instagramマーケティングでは重要です。

宣伝をコンテンツの中心にしない

Instagramマーケティングでは、投稿を宣伝中心にしないことも、成功のポイントです。宣伝イメージの強い投稿は、ユーザー離れの原因になります。

宣伝や広告には、ストーリーズ機能を使うことも1つのマーケティング手法です。24時間で消えるストーリーズは、フィードに残らないため、コンテンツの一貫性を保ったまま、宣伝が行えます。

ストーリーズに投稿した内容も、ハイライト機能を使えば残すことも可能で、フィードと分けて管理できることから、マーケティングで積極的に使いたい機能です。

【まとめ】インスタグラムの特性を理解してマーケティングに活用しよう

Instagramは、画像がメインで共有機能のないことが、ほかのSNSとは異なります。一見すると、デメリットのようにも思えますが、視覚的なアプローチに優れていることがメリットです。

マーケティングにおいて重要なのは、目的とKPIを設定し、それに合わせたコンテンツを作成すること。コンテンツに一貫性をもたせ、ターゲットを絞ることが、Instagramマーケティングの成功のポイントです。

視覚的なアピールがしやすく、ハッシュタグによる検索を得意とするInstagramの特性を理解し、マーケティング運用に活かしましょう。

フォロワーを増やしたいなら! やってはいけないことを徹底解説

Twitterは2017年に月間利用者数が4500万人を超えてからも、現在まで多くのユーザーが利用しているSNSです。
参照:https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080

ユーザーは自分が面白いと感じた情報や知識を発信したり、日常で起こったことをつぶやいたりします。また、企業は自社の商品のPRをしたり、消費者により親近感を感じさせるようなツイートをすることで、自社の認知度を上げたりします。

個人も企業も、人との繋がりを作るツールとしてTwitterを利用しています。

人との繋がりを作るには、フォロー・フォロワーを増やしていく事は一つの方法です。

とはいえ、投稿をしているからといってフォロワーは簡単に増えるわけではありません。この記事では、Twitterでフォロワーを増やすためにやってはいけないことについて徹底解説していきます。

Twitterのフォロワー増やすならやってはいけないこと・基本編

Twitterのフォロワーを増やすためにやってはいけないこと基本編は4つありますひとつずつチェックしていきましょう。

プロフィールが適当

Twitterでプロフィールを適当に登録してしまうと、フォロワーを増加させるのは難しくなります。なぜなら、Twitterでフォローする際、多くの人がプロフィールを確認してからフォローするかどうかを決めるからです。

プロフィールが適当だと、その人が普段どんなツイートをしているのか分からず、フォローするべき相手か判断ができないのです。そこでプロフィールに簡単な自己紹介や普段ツイートしている内容などを記入しておきます。すると、投稿者が主にどのようなツイートをしているのかが一目瞭然で、興味のある人がフォローしてくれます。プロフィールの文字数制限は160字となっていますが、伝えたいことを絞ってみると過不足なく入力できます。

プロフィールには以下の内容を盛り込みましょう。

【自分の基本的な情報】
性別や年齢、居住地などです。具体的な年齢や居住地を公表したくない場合は、「20代で関東地方に住んでいます」など、大まかな内容で構いません。

【職業や何をしている人か】
学生や主婦、アルバイト、会社員など現在何をしている人かを知ってもらいます。「飲食店で働いています」「副業で毎月〇〇円の収入を得ています」など、ツイートに関係する内容があれば入力しましょう。

【主にどんな内容のツイートをしているか】
「おすすめのカフェ」「子育てについて」「趣味のこと」など、普段どんなツイートをしているのかアピールします。ただし、まったく関連性のない内容をいくつも記入してしまうと、必要のない情報はいらないとフォローをためらってしまう可能性があります。ツイートしている内容については、1つや2つに絞って記入しましょう。

【自分をフォローすることで得られるメリット】
「フォローしてくれた人はフォロバ(フォローバック)します」「カフェめぐりをしている方はフォロバします」など、自分をフォローすることでメリットがあることを付け足すのも効果的です。フォロバすると入力した場合は、約束通りフォロバすることを忘れてはいけません。

愚痴などの生産性のない呟き

Twitterは匿名でツイートできるので、本音や周りの人には聞かれたくない内容をツイートできるのもメリットといえます。仕事や家庭の愚痴、ストレスをツイートすることでストレス発散になるかもしれません。しかし、フォロワーを増やしたいのであれば、ネガティブな内容を呟くことは避けましょう。フォローする人は毎日知らない人の愚痴や不満を見たいわけではないからです。

また、「飲み会楽しかった」「〇g太っていた」など、知らない人からすると興味のない呟きも生産性がありません。例えば、「飲み会楽しかった」というツイートをしたいのであれば、そのお店の紹介と共においしかった料理などの写真もアップします。するとツイートを見た人は今度行ってみようなどと参考にできるのです。

Twitter投稿が劇的に少ない

ツイートしたい内容が毎日たくさんあるわけではない場合、ツイート数が少なくなってしまうのは仕方のないことです。しかし、ツイート数が劇的に少ないと、フォローしている人からすると意味がなくなってしまします。

なお、ビジネスでも利用されている単純接触効果(ザイオンス効果)は、SNSでも役立ちます。毎日ツイートを見るたびに高感度がアップし、一度好感度が高くなると少しの間見なくても好感度は持続します。そのため、一定数のフォロワーを獲得するまではなるべく多くのツイートをすると効果的です。

また、なるべく多くのツイートをすることで、ツイートを見てくれる人が増えてフォロワー獲得にも繋がります。1週間に1、2回という人は少なすぎるので、なるべく1日に数回はツイートしましょう。

特定の個人を批判すること

特定の個人を批判することもやってはいけないことです。例えば、自分と反対の意見を呟いている人に対して批判的なリツイートをしたり炎上しているツイートに便乗してリツイートしたりすることです。

人の意見について自分は違うと思っていても、みんがみんな同じ考えとは限りません。また、すでに炎上しているからといって便乗してリツイートをすると、炎上にさらに追い打ちをかけることになります。

特定の個人に対する度を越した批判や便乗は、フォロワーを増やすどころが法的措置を取られてしまう可能性もあります。万が一、自分の投稿が批判された場合も、報復はやめましょう。

Twitterのフォロワー増やすならやってはいけないこと・応用編

フォロワーを増やすためにやってはいけないこと4つが分かったところで、応用編を紹介します。

すでにフォロワーが一定数いる人も、現在のフォロワーを減らさないために意識したいポイントです。

2回目の返事をしない

1度返事をすると、それで終わりにしてしまう人は少なくありません。

「おはようございます」や「よろしくお願いします」などのあいさつの場合、1度返事をすれば会話を終了しても違和感はないものです。しかし相手に自分を印象付けるためにも、丁寧に返事をして会話の最後は自分で終わらせます。

例えば以下のようなやり取りの場合、

相手「いつも楽しいツイートで気になっていたのでフォローしました!」
自分「ありがとうございます!」
相手「では毎日ツイート楽しみにしています」

ここでやり取りが終わっても違和感はありませんが、最後に自分から「それは嬉しいです!よろしくお願いします」など一言リツイートして終わらせます。丁寧に対応して相手に良い印象を与えましょう。

返事に相手の名前を入れない

初めてやり取りをする相手はもちろん、何度かやり取りをしている相手でも名前を入れることは効果的です。人は自分の名前を呼んでもらうと「自分の存在を認めてもらえた」と感じます。これを社会的報酬といい、相手の承認欲求を満たすことができるのです。

お互い名前は分かっているからと相手の名前は省略しがちですが、リプの最初には必ず相手の名前を入れましょう。「○○さんおはようございます!今日もよろしくお願いします!」といった感じです。仲の良い間柄の人しか分からないニックネームがあれば、ニックネームで呼び合うと更に親近感がアップします。

自分から「いいね」しない

フォロワーを増やすためには、より多くの人に自分の存在を知ってもらう必要があります。待っているだけでは、多くの人に知ってもらう機会が生まれません。そこで、なるべく自分から「いいね」をすることが重要です。

特に自分と同じジャンルのツイートをしている人や、オリジナルツイートはしていなくても頻繁にリツイートしている人には積極的に「いいね」をします。同じジャンルのツイートをしている人なら、興味を持ってもらえたり共感してもらえたりする可能性があるからです。

また、頻繁にリツイートしているアクティブユーザーが自分のツイートに興味を持てば、フォローだけでなくリツイートしてくれるかもしれません。そのリツイートによってさらに多くの人に自分の存在を知ってもらえます。これまで自分から「いいね」をしたことのない人も、「いいね」を活用してみましょう。

オリジナルツイートの投稿を1~2つで終える

アカウントはプロフィール、固定ツイート、直近のツイート3つ、おすすめユーザー、過去のツイートの順に表示されます。

自分のアカウントを見にきた人が何となくチェックしてみたという場合は、直近のツイート3つが重要なポイントです。直近の3つがオリジナルツイートになっていれば頻繁に情報を発信している印象を与えられるからです。逆に、リツイートばかりになっているとフォロワーしない可能性が高くなってしまいます。

リツイートをすること自体は問題ありません。自分のアカウント画面に表示されるのがリツイートだけになってしまわないように気を付けましょう。リツイートをした後は、オリジナルツイートもツイートするよう意識しましょう。

フォローされても無反応

誰かが自分をフォローしてくれたら、相手に対して何かしらアクションを起こすことも大切です。自分が誰かをフォローして、相手が何かしら反応してくれれば気が付いてくれたと嬉しくなりますよね。自分も相手をフォローするという形でも良いですし、相手のツイートに「いいね」をするだけでも構いません。フォローしてくれたことに気が付いているというアピールをしましょう。

企業のTwitterがやってはいけないこと

企業のアカウントを担当している人が、フォロワーを増やすためにやってはいけないこともあります。特に、一定数のフォロワーがいる企業のアカウントの場合は注意が必要です。間違った使い方をするとフォロワーが減るだけでなく、企業のイメージを落としてしまうからです。

ブランドを私物化する

企業のアカウントを個人のアカウントのように扱うことはやめましょう。企業のアカウントはあくまでも企業をPRするものであって、個人の意見をツイートする場ではありません。

例えば、リアルタイムで話題になっていることに対しての意見をツイートする企業のアカウントもあります。しかし、そのツイートが企業のアカウントを任されている担当の、一個人の意見であっても、世間は企業の意見として受け取ってしまいます。世間には多種多様な考えがありツイートの内容に納得できない人もいるため、たった一言のツイートが炎上してしまうこともあるのです。

Twitterで炎上してしまうと、企業イメージがダウンしてしまう可能性もあります。企業のアカウントは基本的に企業のPRに専念し、話題になっていることをツイートする場合は内容に十分注意しましょう。

馴れ合いの交流に注意

企業のアカウントが個人アカウントと馴れ合いの交流をすることは、上記のブランドの私物化と同じです。企業のアカウントは不特定多数の人が見ています。第三者が特定の個人と友達感覚のやり取りをしている企業のアカウントを見たらどのように感じるでしょうか。内輪で盛り上がっている印象を受けて、フォローすることをためらってしまうかもしれません。

また、個人アカウントにリプを行う場合、言葉使いに注意が必要です。友達ではない相手から馴れ馴れしいリプをされたら、あまり気分は良くないですよね。その様子を見た第三者の企業に対するイメージもダウンしてしまいます。親近感の持てるリプを行うことは大切ですが、相手はお客様です。普段お客様と接するのと同じように丁寧に対応しましょう。

Twitterの話題化にばかり一生懸命

企業のツイートが話題になれば、一気に企業の存在をアピールすることができます。そのため、どうすればツイートが話題になるのかを考える企業アカウントの担当者もいるのではないでしょうか。しかし、企業の商品やサービスとは全く関係のないツイートばかりするのは逆効果です。

その企業が気になってツイートをチェックした人は、自分が知りたい商品やサービスに関するツイートがなければフォローはしません。それどころか関係のないツイートばかりしているのを目して、印象を悪くしてしまう可能性もあります。

企業のアカウントにとって大切なのは、企業の情報を正しく発信し続けることです。企業の所品やサービスに関連しない情報の発信は極力避け、話題になっている事柄のツイートは頻繁に行わないよう気を付けなければいけません。

フォロワーを増やすにあたり、やってはいけないこと まとめ

フォロワーを増やすためにやってはいけないことの基本は以下の4つです。

・プロフィールが適当
・生産性のない呟き
・ツイートが劇的に少ない
・特定の個人を批判する

応用編は以下の5つです。

・2回目の返事をしない
・返事に相手の名前を入れない
・自分から「いいね」しない
・オリジナルツイートが1~2つで終わる
・フォローされても無反応

これまであまり意識してこなかった人も、もう一度自分のアカウントやツイートを見直してみましょう。また、企業のアカウントがフォロワーを増やすためには以下の3つのポイントを避けるよう意識します。

・ブランドを私物化する
・馴れ合いの交流
・話題化ばかりに一生懸命

フォロワーを増やすためにはある程度の時間が必要ですが、やってはいけないことを意識し続けることで少しでも成果が現れるはずです。

さらに、フォロワーを増やしたい場合は、SNSのアカウントを急成長させるプラットフォーム『SNS代行.COM』がおすすめです。SNS代行.COMなら、日本国内に限らず海外のフォロワーを増やすことも可能です。

しかもSNS代行.COMで獲得できるフォロワーは架空アカウントではありません。SNS代行.COM独自のデータセンターを利用することで、アクティブユーザーをフォロワーにすることが可能です。Twitterのフォロワー数はステータス性があるため、フォロワーが多ければ多いほど新しいフォロワーが増える傾向があります。効率的にフォロワーを増やすには、SNS代行.COMの利用がおすすめです。

インスタのアーカイブ機能について特徴や保管方法をご紹介!

Instagramにはアーカイブ機能というものが存在します。
「アーカイブ機能を利用すれば、どのようなことができるの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

アーカイブ機能はとても便利な機能で、動画や投稿などを保管できるといったものです。この機能を使えば、Instagramの利用の方法がより広がります。今回はアーカイブ機能や設定の仕方について詳しく解説するとともに、趣味やビジネスで利用する場合についても紹介していきます。 

インスタのアーカイブとは?

アーカイブとは、どのようなことができるのでしょうか?ここではInstagramのアーカイブ機能について詳しく解説します。

アーカイブは自分だけが確認できる

アーカイブとは「記録保管所」という意味合いで使われます。簡単に説明すると、自分の投稿を非表示にして、他人に見られることなく自分だけ確認できるようになる機能です。

アーカイブした投稿は削除されるわけではありません。タイムラインやプロフィールには表示されなくなりますが、自身の投稿を確認することは可能です。元に戻すことも可能で、投稿に付けられていたコメントや「いいね」はすべて残ります。通常は24時間で消えてしまうストーリーズも保管することが可能です。

一度公開した投稿でも、アーカイブ機能を使うことにより一時的に非表示にすることができます。このアーカイブ機能を詳しく知り、利用することにより使い方が広がるので、アーカイブ機能の設定方法を理解して使いこなしてみてください。

インスタのアーカイブ設定の方法

アーカイブ設定の方法は、以下の4つがあります。

・投稿をアーカイブに保管するには
・アーカイブした投稿を見るには
・アーカイブした投稿を元に戻すには
・アーカイブの投稿を削除するには

ここでは、それぞれの設定方法について詳しく解説していきます。

投稿をアーカイブに保管するには

一番よく使われている機能は投稿を保管する方法です。投稿をアーカイブに保管しておくと、非表示にされるだけでなくアーカイブした投稿を見ることができたり、元に戻したりすることも可能です。

保管する方法は以下の手順となります。

1. アーカイブしたい投稿を開く
2. 右上の「・・・」ボタンをタップ
3. メニューの「アーカイブする」という項目をタップ
4. 投稿がアーカイブ保管される

保管するためには、まず保管したい投稿を開かなければなりません。保管したい投稿を開いたら、次に右上の「・・・」ボタンをタップします。するとメニューに「アーカイブする」という項目が表示されるので、そこをタップします。このような手順を踏むことにより、投稿がアーカイブ保管され非公開の状態となりました。自分で確認することは可能ですが、他の人からは見ることができなくなります。

アーカイブした投稿を見るには

それでは、アーカイブした投稿を見るにはどうしたらよいのでしょうか?

保管した投稿を確認する場合は、以下の手順で行います。

1. 自分のプロフィール画面を開く
2. 右上のメニューをタップ
3. 「アーカイブ」という項目をタップ
4. 「ストーリーズアーカイブ」もしくは「投稿アーカイブ」に画面を切り替える
5. それぞれの一覧画面で自分のアーカイブした投稿を確認できる

確認をするためにはプロフィール画面を開きます。プロフィール画面の右上にあるメニューをタップします。すると、「アーカイブ」という項目が出てくるのでそれをタップします。画面が表示されるので、その画面上で「ストーリーズアーカイブ」と「投稿アーカイブ」を切り替えることが可能です。「ストーリーズアーカイブ」と「投稿アーカイブ」を切り替える為には、横にある三角マークをタップします。

この画面の切り替えを行うことでいつでも「ストーリーズアーカイブ」と「投稿アーカイブ」に保管されている投稿を確認することが可能です。

アーカイブした投稿を元に戻すには

投稿をアーカイブに保管した場合、元に戻したいと思うこともあるでしょう。

そのような場合は、以下の手順で元に戻すことができます。

1. アーカイブ一覧の画面を開く
2. 元に戻したい投稿をタップ
3. 「プロフィールに表示」を選択
4. アーカイブした投稿が元に戻る

元に戻すためには、上記の「アーカイブした投稿を見るには」の手順に沿って一覧画面を開きます。そして「元に戻したい投稿」をタップします。すると「削除」「プロフィールに表示」のどちらかの選択肢が表示されます。その選択画面で「プロフィールに表示」を選べば公開状態に戻すことが可能です。何度もアーカイブに保管したり元に戻したりした場合でも、その都度フォロワーに通知されることはありません。そのため安心して保管し、元に戻すことができます。

アーカイブの投稿を削除するには

アーカイブをそのまま削除したいという場合もあるでしょう。そのような場合はどうしたらよいのでしょうか?

アーカイブに保管した投稿を削除するには、以下の手順で行います。

1. アーカイブ一覧の画面を開く
2. 元に戻したい投稿をタップ
3. 「削除」を選択
4. アーカイブした投稿が削除される

保管した投稿を削除するには一覧の画面を開きます。投稿をタップすると「削除」もしくは「プロフィールに表示」を選択することができます。その画面上で「削除」を選択するとよいです。投稿の削除を行えば、Instagram上からデータが消えてしまいます。後々、元に戻したいと思っても、削除した投稿は戻せなくなるので操作は慎重に行いましょう。

インスタのストーリーズのアーカイブ設定

ストーリーズもアーカイブに保管することが可能です。

ストーリーズのアーカイブ設定はどのように行うのでしょうか?

ストーリーズは自動保管

ストーリーズはそのままにしておくと24時間で消えてしまいます。そのため、ストーリーズをアーカイブに保管したいという方も多いでしょう。

Instagramには「ストーリーズアーカイブ」という機能が設定されています。この機能が設定されてからは、ストーリーズは自動的にアーカイブ保管されています。そのためいつでも昔のストーリーズの投稿を確認することが可能です。しかし、投稿から24時間が経つ前に取り消したストーリーズや、他人のストーリーズを保管できない点については注意しておきましょう。

アーカイブのストーリーズを見るには

アーカイブ保管されたストーリーズを確認することも可能です。保管されたストーリーズはアーカイブ欄から確認できます。アーカイブ一覧画面の、横にある三角マークをタップすることにより、「投稿」と「ストーリーズ」のアーカイブ表示を切り替えることができます。

また、ストーリーズが自動でアーカイブ保管される設定をやめたい場合は以下の手順で行います。

1. 右上の「・・・」をタップ
2. 「設定」をタップ
3. 「ストーリーズコントロール」を選択
4. ストーリーズコントロール上で自動保管の切り替えを行う

アーカイブのストーリーズを削除するには

アーカイブに保管されたストーリーズを削除することも可能です。削除する場合はストーリーズのアーカイブ画面を開きます。削除したいストーリーズをタップすると右上に「・・・」マークが表示されるので、それをタップします。すると「削除」という項目が表示されるので、それをタップすればストーリーズを削除することが可能です。

アーカイブのストーリーズをシェアするには

アーカイブに保管したストーリーズをシェアすることも可能です。

ストーリーズをシェアするためには、以下の手順で行います。

1. ストーリーズのアーカイブ画面を開く
2. シェアしたいストーリーズをタップ
3. 右上の「・・・」マークをタップ
4. 「投稿としてシェアする」が表示されるのでそれをタップ

「投稿としてシェアする」をタップすることにより、通常の投稿と同じように動画を編集してシェアすることも可能です。投稿でなくストーリーズのままでシェアしたい場合は、シェアしたいストーリーズのアーカイブを開いて、「シェア」をタップしてください。また「送信先」をチェックすることで、特定に相手にストーリーズのダイレクトメッセージを送ることもできます。

アーカイブのストーリーズをハイライトにする方法

Instagramには、アーカイブのストーリーズをハイライトにする方法もあります。ハイライト機能を利用することにより、アーカイブに保管されたストーリーズをプロフィールの画面に表示させることが可能です。

ストーリーズは通常であれば24時間で消えてしまいます。しかしハイライト機能を利用すれば、24時間経過後もストーリーズを残しておくことができます。

アーカイブのストーリーズをハイライトにする方法は、以下の手順で行います。

1. アーカイブでストーリーズを開く
2. 「・・・」マークをタップする
3. 「ハイライトを作成」という表示を選択
4. ハイライトとして表示される画面を編集
5. 名前を付けて追加ボタンをタップ

ハイライトに表示させるストーリーズは複数選択することが可能です。お気に入りのストーリーズはハイライト機能を使ってプロフィールに表示させることによって、多くの人に見てもらうことができます。

趣味でアーカイブを使うなら

Instagramを趣味として楽しんでいる方もたくさんいることでしょう。趣味として楽しんでいる方がアーカイブ機能を使う場合、どのような使い方があるのでしょうか?

投稿したけれどあまり「いいね」がつかなかった写真や動画、他人に見せたくない写真や動画など、アーカイブ機能を利用して非公開にしている方もいます。「削除はしないけれども公開するほどでもない」という投稿は、アーカイブ保管されることが多いです。

また、Instagramを自己満足や思い出として利用している方は、アーカイブ機能を使っている方が多いです。スマホに保管しておくと、他の写真に埋もれてしまう場合や誤って削除してしまう可能性があるので、Instagramのアーカイブ機能を用いて非公開で残しておくという方法です。他人に公開するのではなく、アーカイブへ記録することを目的として投稿する「アーカイブ投稿」という方法も多くみられます。

ビジネスでアーカイブを使うなら

趣味ではなく、ビジネスとしてInstagramを利用している企業も多いでしょう。

ビジネスとしてInstagramを利用すると、様々な種類の投稿をすることとなります。その中で「タイムラインに流すほどではないけどプロフィールには表示しておきたい」という投稿もあるかと思います。そのような投稿は一度アーカイブに保管して、少し時間が経ってから元に戻すと、あまり目立たせずに投稿することができます。

最近ではロゴや社名を目立たせるために「グリッド投稿」をする企業も増えています。「グリッド投稿」とは、複数枚の写真でひとつの画像を作って投稿する方法です。

このような投稿をすることにより、プロフィールに社名やロゴを大きく表示することができます。

「グリッド投稿」はプロフィールで社名やロゴを目立たせることができるメリットがある反面、タイムラインが一部のロゴや社名で埋まってしまうので、フォロワーからネガティブな評価を受ける可能性があります。

そのような場合は、アーカイブ機能が非常に役立ちます。「グリッド投稿」などで余計な投稿を増やしたくない場合は、アーカイブ機能を利用することをおすすめします。

インスタのアーカイブ機能について特徴や保管方法まとめ

今回はInstagramのアーカイブ機能について解説しました。アーカイブは投稿を非表示にして保管することができるため大変便利な機能です。趣味でInstagramをしている方や、ビジネスでInstagramを利用している方などにおいても アーカイブ機能は非常に役立ちます。

また、最近では個人だけでなく企業でもInstagramを利用することが一般的となってきています。しかし「Instagramを運用するのに手間やコストがかかる」という方も多いでしょう。

そこで、ビジネスなどでインスタを利用するなら、SNSアカウントを成長させる広告プラットフォームの『SNS代行.COM(https://sns-daiko.com/)』をおすすめします。

『SNS代行.COM(https://sns-daiko.com/)』を利用することにより、写真や動画の「いいね」の数を増やしたり、生放送の視聴者を増やしたり、コメントを増やすよう拡散することが可能です。

Instagramの運用に悩んでいるようであれば是非、『SNS代行.COM(https://sns-daiko.com/)』の利用を検討してみてください。

インスタで「いいね!」を増やすためには?注意するポイントや秘訣をご紹介!

インスタで「いいね」が増えていくと嬉しいと感じる人は多いのではないでしょうか。

しかし、有名人でなければ、多くの「いいね」を集めるのは難しいことが現状です。一般人が「いいね」やフォロワーを増やすためには、ある程度の努力が必要でしょう。

この記事では、インスタグラムでやってはいけないこと、「いいね」を増やすために行いたいポイントなどをご紹介します。

1.「いいね」をするユーザー心理とは?

ユーザーが「いいね」を押すときは、以下のような気持ちになっていることが多いです。

・画像が気に入った
・投稿者に対して好意を持っている
・以前「いいね」をもらったお礼として
・有益な情報があった
・あとから見返したいとき

基本的に「いいね」は掲載された画像に対して、「きれい」「かわいい」「素敵」「好き」といった好意的な気持ちを持たれたときに押されます。

それだけではなく、投稿者に憧れている、以前「いいね」をもらっているなど、親しみをこめて「いいね」が押されるときもあるでしょう。

「いいね」を押した投稿はあとからまとめて見返せます。そのため、有益な情報や何度も見返したい投稿に対して「いいね」を押す人も多いです。

2.インスタグラムでやってはNGな投稿とは?

インスタグラムでは卑猥な画像、テロリストへの共感や支援を送る投稿、人権侵害や誹謗中傷などは禁止されています。こういった禁止事項を守れば、基本は自由に投稿可能です。ただ、「いいね」を増やしたいときには、以下の5つのような投稿はしないように心がけましょう。

2-1.その1.写真の品質が低い

インスタグラムでは写真が投稿のメインです。そのため、写真の品質が低く、見た目が悪いものでは多くの「いいね」はもらえません。

品質が低い写真というのは、以下のような特徴があります。

・ピントがずれている
・ブレている
・写真が白飛びしている
・暗すぎてよく見えない

このような写真は何が写っているのかが分かりにくく、あまり写真として目立ちません。

インスタグラムでは数多くの写真と一緒に表示されます。はっきりと写っている写真でないと、人の目を惹くことはできません。

ピントのズレや白飛びや暗すぎる写真は設定を変えれば改善します。また、脇をしめてカメラを動かないように撮影するとブレずに撮影可能です。

「いいね」を多くもらうためにはカメラの設定や撮り方に気をつけてみましょう。

2-2.その2.ハッシュタグがない

まだ、フォロワー数が少ない場合はハッシュタグを利用して数多くの人に写真を見てもらいましょう。

インスタグラムでは、アカウント名、ハッシュタグ、スポット(地図)の3種類でしか検索できません。

フォロワー数が少ない無名なユーザーはアカウント名から検索してもらえる可能性は少ないです。また、スポット検索は情報が限定的であり、多くの人の目にとまるという目的は果たせないかもしれません。

少しでも検索から見てもらえるように、なるべく多くの関連キーワードをハッシュタグとしてつけたほうがいいでしょう。ただ、ハッシュタグが30個を超えると検索から表示されなくなるため、注意してください。

2-3.その3.投稿日時が悪い

「いいね」をたくさんもらうためには投稿時間も重要です。投稿日時が悪いと、あまり人の目に触れないまま検索結果の下位へと流れてしまう可能性があります。

見る人が少ない投稿時間とは

・平日のお昼以外の時間帯
・深夜から明け方

です。
この時間帯はインスタグラムを見ている人の数が少なく、注目を浴びにくいでしょう。

逆に、以下の時間帯は「いいね」がもらいやすいです。

・朝8~9時の通勤時間
・昼12~1時の昼ご飯の時間帯
・夜8~12時のリラックスタイム

とくに夜8~12時のリラックスタイムはSNSを見る人が増える時間帯です。この時間帯に投稿すると多くの人に見てもらえる可能性が高いでしょう。

2-4.その4.文章が短文、適当に書いている

インスタグラムは写真が一番大事ですが、文章に魅力がなくてもいいわけではありません。

「いいね」があまりもらえない文章は以下のようなものです。

・ハッシュタグのみの投稿
・「おいしかった」などの具体的ではない感想

写真がおしゃれで目を惹くものであれば簡単な文章でも「いいね」をもらえます。しかし、インスタグラムは魅力的な写真が多く集まるため、並大抵の写真では多くの「いいね」はもらえません。

ライバルたちから一歩リードするためには文章も推敲してみましょう。

「いいね」がもらいやすい文章の特徴は

・役立つ情報がある
・具体的な体験談

先ほども説明しましたが、ユーザーにとって役立つ情報がある投稿に「いいね」が押されやすい傾向にあります。ユーザーが参考にしたい情報や体験談がある投稿を心がけてみましょう。

2-5.その5.投稿写真に統一感がない

フォロワー数が少なくても多くの「いいね」をもらえる可能性はあります。ただ、フォロワー数が多いほうが「いいね」はもらいやすいことも事実です。

フォロワー数が少ないユーザーの特徴として、投稿写真に統一感がないというものがあります。ユーザーが気に入った写真が1枚あったとしても、そのほかの投稿ではまったく違う傾向の写真ではフォローしなくてもいいと思われてしまうからです。

同じような傾向の写真で統一されていれば、もっとこの人の写真が見たいと思ってもらえます。

また、自分の投稿の一覧が表示されたときに統一感がある写真が並べられていると、とても目立ちますし、自分のカラーをアピールできます。被写体を同じジャンルのものにする、同じような加工をするなどして統一感を出しましょう。

3.ちょっと待って!投稿する前に準備をしよう

インスタグラムで着実に「いいね」を増やすためには、ただやみくもに投稿を続けていてはいけません。事前に準備をしっかりとしておき、「いいね」をもらいやすい投稿をするといいでしょう。

ここでは、どのような準備をしておけばいいのか解説します。以下のことに気を付けて投稿するようにしましょう。

3-1.同ジャンルの人に「いいね」やコメントしにいく

自分の投稿に「いいね」をしてくれた人にお礼として「いいね」を押す人もいます。そのため、なるべくいろいろな人の多くの投稿に対して「いいね」をつけて、自分の存在をアピールするといいでしょう。

また、親しい人や仲が良い人に優先して「いいね」を押すこともあります。投稿にひんぱんにコメントを残すようにすると、だんだん仲が良くなってきてインスタグラム上での友達になれるかもしれません。

「いいね」やコメントを残すときには、自分の投稿と内容が近い人のほうがいいでしょう。そのほうが、より仲良くなりやすいです。

自分の投稿とリンクするようなハッシュタグで検索し、ひと通り「いいね」を押すことから始めてみましょう。

3-2.タグの準備

どのようなハッシュタグをつけるべきなのか、すでにインスタグラムに投稿されている記事をチェックして考察してみましょう。

投稿が少ないハッシュタグは人気がなく、見る人も少ないです。しかし、あまりに投稿数が多いハッシュタグでは、他の投稿に埋もれてしまうかもしれません。

インスタグラムを始めたばかりのときは、少なすぎず多すぎずほどほどの投稿数のタグをつけるようにしましょう。

ただ、ハッシュタグは複数個つけられます。ほどほどの投稿数であるハッシュタグにくわえ、投稿数が多くたくさんのユーザーが見ているハッシュタグも入れてみてもいいでしょう。

そのときには、日本語だけではなく英語のハッシュタグを入れると、日本だけではなく海外の人から「いいね」をもらえるかもしれません。

3-3.トップを取りたいハッシュタグを決めておく

自分が得意とするハッシュタグが何かが分かってきたら、トップを取りたいハッシュタグを決めてみましょう。

例えば「#お弁当」と検索すると、以下のような画像が表示されます。

このように人気投稿は検索上位に表示されます。

それでは、上位2つの投稿を見てみましょう。

どちらも1日で2,000人以上が「いいね」をしています。

人気の投稿は上位に表示され、さらに「いいね」がもらいやすくなり、どんどん「いいね」の数が増えるという仕組みです。

ハッシュタグのトップに表示されれば千単位で「いいね」が増えるかもしれません。どのハッシュタグならトップを狙えるのか、分析してみましょう。

3-4.プロフィール欄をわかりやすく記載しておく

たくさんの「いいね」をもらうためには、フォロワーを増やすことも重要です。そのためには、自分に興味を持ってもらえるようにプロフィール欄を充実させましょう。

安定して魅力的な写真を投稿しているのであれば、プロフィール欄が空欄でもフォロワーは増えていく可能性はあります。

ただ、早くフォロワーを増やすためには、プロフィール欄で分かりやすく自分をアピールしたほうがいいでしょう。

プロフィール欄には、氏名や住んでいる場所など事細かな個人情報を提示する必要はありません。また、おしゃれさを重要視する人が多いインスタグラムでは、だらだらと長い文章は逆効果になります。

短く分かりやすい文章で、どのような投稿をしているのか、何が好きなのかなどをアピールしましょう。

3-5.一気におしゃれに!Instagram向け写真アプリ

インスタグラムではおしゃれで目を惹くような写真が「いいね」をもらいやすいです。

おしゃれな写真を撮るためには、インスタグラム向けの写真アプリがおすすめです。代表的なアプリとして、以下の3つを紹介します。

l  ClipCrop
l  SnapCinema
l  Canva

ClipCropは写真をインスタグラムの投稿に合わせて切り抜けるアプリです。基本的な正方形のほか、丸やハート、星、吹き出しなどいろいろな形があります。インスタグラムで投稿された写真の多くは正方形なため、それ以外の形の写真があると目立つでしょう。

SnapCinemaはカメラアプリで、さまざまなフィルターを選択して写真や動画を撮影できます。まるでフィルムカメラやトイカメラで撮影したような味わいのある写真や動画が取れるところが特徴的です。

Canvaは無料で使えるテンプレートが豊富な写真編集アプリです。プロのデザイナーによるおしゃれなテンプレートがたくさんあり、普通な写真でもおしゃれな写真に早変わりします。

4.「いいね」を増やす秘訣とは

インスタグラムはユーザー数が多く、注目を集めやすいSNSです。ただ、見る人も多ければ投稿する人も多く、多くのライバルの投稿のなかから注目を浴びるのはとても大変でしょう。

しっかりと事前準備をしてもなかなか「いいね」が増えないことはよくあります。ただ、結果がでるまでには時間がかかるため、これから解説する秘訣を気長に試してみてください。

4-1.継続して投稿する

フォロワーを着実に増やしていくためには、継続して投稿することが基本です。

インスタグラムで誰かをフォローするときには、次の新しい投稿が楽しみだという人も多いのではないでしょうか。そのため、投稿があまりされていないユーザーは新たな投稿が期待できず、フォローしなくてもいいと思われてしまいます。

また、定期的にフォローしている人を整理するユーザーもいます。せっかく一度フォローしてもらっても、更新があまりされないとフォローを外されてしまうかもしれません。

ただ、更新のしすぎには要注意です。更新が極端に多いユーザーがいるとタイムラインがその人の投稿で埋まってしまい、ほかの人の投稿が見られなくなってしまします。そのため、更新が多すぎるユーザーのフォローを外す人は多いです。

1日あたり1~3点の写真をほぼ毎日更新し続けてみましょう。

4-2.写真を加工する

撮った写真をそのまま投稿するよりも、加工したほうがおしゃれな写真に見えます。

メイン以外をぼやかせばまるで一眼レフで撮ったような写真にできますし、白黒やセピアにすると味わいが増します。食べものは構図も大事ですが、色味は黄色っぽいほうがおいしそうに見えるため、色味を変える加工をしてもいいでしょう。

メイク道具やアクセサリーを投稿するときは、キラキラとしたフィルターをかけるとよりかわいらしく見えます。

このように、うつす媒体に合わせて写真を加工してみましょう。

投稿の統一感に悩んでいる人は、投稿写真をすべて同じテイストで加工することもおすすめです。

すべてセピア調、トイカメラ風、同じフィルターをかける、などをすると、投稿に統一感がでます。

4-3.過去の投稿から反応を見極める

「いいね」やフォロワーを増やしたいのならば、自分の投稿を分析しましょう。一つ一つの投稿を分析することは大変ですが、トップをとれそうなハッシュタグを探し、自分が得意とする分野が何なのかを把握するためには必須といえます。

まずは、過去の投稿のなかで「いいね」が多いものはどれか、どの記事を投稿した時にフォロワー数が増えたのかを記録しましょう。その投稿の一覧からどのような傾向や共通点があるのかを探します。

今後は、分析により見つけられた特徴をもつ投稿を続けましょう。

ただ、ずっと同じような投稿をしていると飽きられてしまうかもしれません。分析は常にし続け、情報は更新していきましょう。

始めから得意なハッシュタグが何かを把握し、自分の投稿のカラーを決めるのは難しいです。いろいろと試行錯誤をしてみましょう。

5.まとめ

インスタグラムで「いいね」を増やすためには、ただやみくもに写真をアップすればいいというわけではなく、求められているものは何かを考えて投稿するのが大事です。そのためには、毎日の投稿、ハッシュタグの研究、写真の加工、投稿の分析などを日々行っていくといいでしょう。

自分で「いいね」を増やしていく自信がない人は専門家の力に頼ってみてはどうでしょうか。

SNS代行.comではインスタグラムの「いいね」やフォロワーを増やすサポートをしております。確実に「いいね」やフォロワーを増やしたい人は利用してみてください。

インスタグラムのインサイトって?いいねを増やす方法を紹介

性別や年代を問わず人気があるインスタグラム。投稿者以外がいいねの数を確認することはできませんが。いいねが多いと検索で上位に表示されたりタイムラインに表示されやすくなったりするので、せっかく投稿するならたくさんの人に見て欲しいですよね。

そこで注目したいのがインサイトという機能です。インスタグラムのインサイトとは一言でいうと分析機能のことですが、この機能があること自体知らないというユーザーも少なくありません。この記事ではインサイトの詳しい解説やいいねを増やす方法を紹介していきます。

インスタグラムのインサイトって?

インスタグラムの無料分析機能インサイトで確認できる主なデータは以下の項目です。

・インプレッション数
・リーチ数
・フォロワーの数
・トップ投稿
・トップストーリーズ
・人気のIGTV動画
・コンテンツでのインタラクション

フォロワーの数やコンテンツのインタラクションはさらに細かい項目に分かれており、細かい分析が可能です。どれもいいねの数を増やすための参考にできる数値なので、上手に活用しましょう。

インサイトはどうやって見る?

インサイトを見るためにはプロフィールをプロアカウント(ビジネスアカウント)に切り替える必要があります。手順は以下のとおりです。

1)プロフィール画面を開いて右上のメニューをタップする。
2)設定をタップする。
3)設定のなかのアカウントを選択する。
4)1番下に表示される「プロアカウントに切り替える」をタップする。
5)カテゴリを選択する。
6)「ビジネス」と「クリエイター」という選択肢があるので自分に合うほうをタップする。
7)プロフィールを登録する
8)「完了」をタップする。

なお、ビジネスアカウントとクリエイターアカウントは使える機能が若干異なります。ビジネスアカウントは選択できるカテゴリが7種類、一方、クリエイターアカウントが選択できるのは41種類です。また、DM受信箱はビジネスアカウントが1つなのに対し、クリエイターアカウントはメインと一般の2つを使用できます。さらに、ビジネスアカウントでは、投稿内容に販売サイトのリンクが貼れますがクリエイターアカウントにはまだその機能がありません。

スマートフォンでインサイトを確認するには個人のトップページに表示される「インサイト」というタブをタップするか、個人ページの右上にあるマークをタップして「インサイト」の項目を選びます。すると概要として「リーチしたアカウント数」「コンテンツでのインタラクション」「合計フォロワー」が表示されるので、確認したい項目をタップしましょう。

インサイトはスマートフォンか、パソコンの「クリエイタースタジオ」をいうツールで確認できます。また、チェックしたデータのダウンロードはできず、個人アカウントに戻すとこれまでのインサイトのデータはリセットされてしまうので注意が必要です。

インサイトの中身!効果的にいいねを増やす方法は?

インサイトで確認できるデータは複数ありますが、「アクティビティ」「コンテンツ」「オーディエンス」の3つに分類されています。ここからは、どの情報がどの項目に分類されているのか、効果的にいいねを増やすにはそれぞれのデータをどのように分析すれば良いのか紹介していきます。

アクティビティとは

アクティビティで確認できるのは、アカウント全体に関係するデータです。1週間分の変動や前の週と比較したデータ、曜日ごとの違いなどを確認できます。1つずつチェックしてみましょう。

・リーチ数
投稿やプロフィールを見た人全体の合計人数で、過去7日間か過去30日間との比較をすれば自分の投稿を見てくれた人が増えたことや減ったことが分かります。

・インプレッション数
投稿が表示されたアカウント全体の合計回数です。こちらはあくまでも投稿が表示された回数なので、同じ人が複数の投稿を見ていると、リーチ数よりもインプレッション数のほうが多くなります。

コンテンツとは

コンテンツでは投稿した写真や動画に関するデータが確認できます。

・投稿に関するインタラクション
フィード投稿、ストーリーズ、IGTV動画の投稿に対して付けられたいいねやコメントなどの回数が分かります。

・トップ投稿
指標を選択すると、これまでの投稿に対するインタラクション数が多い順に表示されます。

・トップストーリーズ
指標を選択すると、これまでのストーリーズに対するインタラクション数が多い順に表示されます。

・人気のIGTV動画
指標を選択すると、これまでのIGTV動画に対するインタラクション数が多い順に表示されます。

ちなみに、適度なハッシュタグを付けることがインプレッション数を増やすポイントとなります。ハッシュタグをまったく付けなければ閲覧数は当然減ってしまいますが、多くつけることは逆効果になることがあるのです。なぜなら、ハッシュタグの上限は30個までと決まっており、31個以上付けるとキャプションが消えてしまうからです。また、観覧数を増やすために投稿に無関係なハッシュタグを付けていると、スパム投稿と認識されてハッシュタグ検索でヒットしなくなる恐れがあります。

すでに適度なハッシュタグを付けているのにインプレッション数が増えない場合は、ハッシュタグを変更してみると良いかもしれません。

・いいね!
いいねが付いた数が分かります。いいねをもらうには、こだわった写真を投稿することが大切です。ピントが合っていないものや撮影対象がはっきり写っていない雑に見えてしまうものはいいねが付きにくくなります。できる限り細部までこだわり、納得できる写真を投稿しましょう。

また、投稿を見た人が共感したり新たな発見をしたりできる内容にするのもポイントです。例えば、きれいな景色を投稿したとします。きれいな景色でも、ハッシュタグだけだったり、投稿文章を添えても「きれいな景色だった!」など一言だったりといった場合は、いいねは増えにくくなります。「この場所はこんな場所だった」「この時間帯に行くのがおすすめ」など閲覧した人が参考にできる文書も添えてみてください。

・コメント
投稿に対するコメントの数が分かります。

・保存数
投稿した写真やストーリーが保存された数を確認できます。たくさん保存されている投稿は、それだけ多くの人が関心を持っている投稿ということが分かります。

オーディエンスとは

オーディエンスはフォロワーの内訳で年齢や性別、地域を確認できます。ただし、フォロワーが100人以上いなければ分析はできません。

・フォロワー
確認した時点でのフォロワーの人数が分かります。フォロワーを増やしたい場合、気になる人を自分からどんどんフォローして相互フォローしてもらうという方法がありますが、タグ付けをして増やすという方法もあります。

このタグはハッシュタグとは少し異なり、自分の投稿にほかのユーザーのタグを付けるという方法です。タグ付けした相手にも通知が行くので、受け取った相手がそれをリポストすれば相手のフォロワーにも見てもらうことができます。すると、それを見て興味を持った人が自分のフォロワーになってくれる可能性があるのです。一緒に写真を撮った相手がインスタグラムを利用しているなら、タグ付けをして投稿してみましょう。ただし、勝手にタグ付けをしてしまうと相手に不快な気持ちを与えてしまう可能性があるので、確認してからにしなければいけません。

・フォロワーの増加
過去7日間のフォロワーの増減数です。増減数は曜日ごとにも確認できるので、どんな投稿をした日にフォロワーが増えたのかなどをチェックすることができます。ある投稿をしたことによってフォロワーが増えた曜日があれば、それを参考に投稿する内容を考えられるでしょう。

・トップの場所
フォロワーが多い地域の順に表示されます。

・最もアクティブな時間帯
フォロワーがアクティブな曜日や時間帯などを確認できます。一般的なアクティブ数は朝7時前後の通勤時間帯に多くなり、夕方からさらに増え続け22時前後をピークにその後は下がっていくだけです。

属性によってアクティブな時間に差がある可能性もあるため、自分のフォロワーがアクティブな時間帯を確認してみてください。より多くのフォロワーがインスタグラムを利用している時間帯に投稿すると効果的です。毎日投稿できない人は、フォロワーが多い曜日や時間帯を狙って投稿してみましょう。

・年齢層
年齢層ごとのパーセンテージや、性別ごとの年齢層が分かります。

・性別
フォロワー全体の性別割合を確認できます。性別や年齢層を確認すれば投稿内容やハッシュタグの参考になるはずです。

その他のインサイト機能を紹介

インサイト機能では、アカウントアクティビティというデータも分かります。アカウントアクティビティはほかのユーザーが自分のプロフィール画面に関する項目でおこなったアクションの数です。プロフィールへのアクセス数やプロフィールに登録しているウェブサイトのクリック数、メールアドレスのクリック数などを確認できます。プロフィールをより多くの人に見てもらいたい場合は、投稿する際のコメントでプロフィールをチェックしてみたくなる一言をプラスしてみましょう。

なお、インサイトは投稿ごとに確認することもできます。投稿した写真や動画の下に「インサイトを見る」という表示があるので、そこをタップすればデータの確認が可能です。投稿インサイトの表示の下に出てくるマークはハートがいいねの数、吹き出しがコメントの数、紙飛行機がDMでシェアされた数、しおりマークは保存された数を表しています。上へスワイプすると、その投稿を通したプロフィールへのアクセス数やリーチ数も確認できるのでチェックしてみてください。

人気投稿のデータを見る方法

これまで投稿したなかで、どの投稿が人気なのか確認する方法もあります。いいねが多く付いた投稿やフォローにつながっている投稿を確認できるので、これから投稿する際の参考にしてみましょう。人気投稿のデータはインサイトページにあるコンテンツでのインタラクションで確認できます。確認できるデータはそれぞれ以下の通りです。

・トップ投稿
投稿タイプ:すべて、写真、動画、カルーセル投稿
期間:7日間、30日間、3ヵ月間、6カ月間、昨年、2年間
指標:メールを送信ボタンのタップ数、道順を表示ボタンのタップ数、電話するボタンのタップ数、いいねの数、インプレッション数、ウェブサイトのタップ数、コメント数、シェア数、テキストのボタンのタップ数、フォロー数、プロフィールの表示回数、リーチ、保存数、動画再生数、投稿でのインタラクション

・トップストーリーズ
期間:昨日、7日間、14日間
指標:戻る、電話するボタンのタップ数、メールを送信ボタンのタップ数、ストーリーズからの移動数、フォロー数、次のストーリーズ、道順を表示のタップ数、インプレッション数、リンクのクリック数、次へ、プロフィールの表示数、リーチ、返信数、シェア数、テキストボタンのタップ数、ウェブサイトのタップ数、ストーリーズでのインタラクション

・人気のIGTV動画
期間:7日間、30日間、3ヵ月間、6カ月間、昨年、2年間
指標:平均再生数、コメント数、いいねの数、リーチ、保存数、シェア数、動画再生数、IGTV動画でのインタラクション

ストーリーのデータを見る方法

ストーリーズ画面を上にスワイプするか左下に表示される人数をタップするとデータが見られます。

インスタグラムストーリーズは通常24時間で消えてしまいますが、インサイトでは過去14日間分のデータを確認できます。なお、ストーリーズで確認できるのは以下のデータです。

・このストーリーズから実施されたアクション
ストーリーズからプロフィールへ移動などの回数やスタンプをタップした数の合計

・プロフィールへのアクセス
ストーリーズからプロフィールへ移動した回数

・スタンプのタップ数
写真や動画で位置情報、ハッシュタグ、商品スタンプなどがタップされた数

・リーチ数
ストーリーズを見た人数

・インプレッション数
閲覧されたストーリーズの回数

・ナビゲーション
「次へ」と「ストーリーズからの移動」の合計回数

・次へストーリーズを見た人が次のストーリーズへ移った回数

・ストーリーズからの移動(離脱した回数)
途中でストーリーズを見るのをやめて別の投稿や別の人の投稿に移動した回数

リーチ数やインプレッション数はもちろんですが、ストーリーズからの移動も参考になります。どのような内容だと移動されやすいのかを分析してみて、最後まで見られることの多い投稿の内容に寄せてみるなどの方法もあるでしょう。ちなみに、フィード投稿よりもストーリーズをよく見ているという人もいるので、ストーリーズで投稿したことを伝えることで投稿を見る人が増えていいねも増える可能性があります。

インスタグラムのインサイトについてのまとめ

インスタグラムのインサイトはフォロワーやいいねの数をはじめ、自分の投稿に対する様々なデータを確認できる便利な機能です。なかなかいいねが付かないという人や、今以上にいいねを増やしていきたいという人は、プロフィールをプロアカウントに変更してインサイトの確認ができるようにしておきましょう。ただし、データを確認できるのはプロアカウントに変更してからの投稿のみで、個人アカウントに戻すとそれまでのデータはリセットされてしまうので注意が必要です。

データを分析して投稿内容を見直したからといってすぐにいいねが増えるわけではありません。いろいろなことを考慮して投稿しても、なかなか変化が見えないと続けにくいものです。そこで注目したいのが広告プラットフォームの「SNS代行.COM」。「SNS代行.COM」を利用すれば効率良くいいねを増やせます。機械的にいいねを増やすわけではないため安全で、アカウントを世界中のより多くの人に認知してもらうのに有効です。

「SNS代行.COM」なら、いいねを増やすだけでなく、フォロワーを増やしたり動画再生回数を増やしたりすることもできます。さらに、保証制度もしっかりしており、拡散完了後に30%以上減少してしまった場合は最高で2回まで目標値までの増加を受け付けてもらえるので安心です。いいねを増やしたい人は、ぜひチェックしてみてください。

インスタグラムで広告配信!手順やメリットを解説

インスタグラムは、おしゃれな物やおいしい物を撮影した写真や動画を投稿するためにあるSNSと思っている人は少なくないのではないでしょうか。自分の投稿を見て欲しいと思って利用している人は多く、注目してもらうためにインスタグラムで映える写真を撮る「インスタ映え」という言葉は流行語大賞にもなりました。しかし、インスタグラムは投稿したり誰かの投稿を見たりして楽しむだけではなく、多くの人が見ていることを利用して広告配信もできるのです。今回は、広告配信の手順やメリット、課金方法などを詳しく解説していきます。

インスタグラム広告とは?

多くの利用者がいるインスタグラムを使って広告を配信できるのが「インスタグラム広告」です。SNSを利用した広告はいくつかあり、それぞれ特徴が異なります。インスタグラムはトレンド性が強く写真の投稿がメインのSNSなので、食材やファッションをはじめ写真映えする商材にぴったりです。

また、インスタグラムやフェイスブックが持っているデータだけでなく、提携のデータ分析会社のデータも活用できることで、あらゆるターゲティングが可能になります。広告を配信したいターゲットが明確になっているのであれば、ユーザーが住んでいる地域や興味のあることなど詳細な条件を設定して広告配信をすることで、広告費用を抑えて運用することが可能です。

さらに、インスタグラム広告は1日100円からという低価格で配信することができます。実際に100円のみで大きな成果を出すことは難しいものの、設定した費用になるまで広告が配信されると自動で配信が停止されるので安心です。

まずは、インスタグラム広告の詳細やメリットについて解説していきます。

インスタグラム広告の2つのメリット

インスタグラム広告には、2つの大きなメリットがあります。1つは「多くのユーザーに認知される」ことで、もう1つは「コンバージョンにつながる可能性が高い」ことです。広告費用を抑えられて比較的簡単にはじめられる広告が、なぜそのようなメリットにつながるのでしょうか。

多くのユーザーに認知される

インスタグラムはユーザー数が多いことが特徴で、日本では約3300万人、全世界では約10億人にもなります。ユーザー数が多いということは、その分、広告を見てくれる可能性のある人が多いということです。ほかの人にもシェアしたいと思えるような視覚的にインパクトのある広告や個性的な広告ならユーザーが拡散し、より多くの人に認知してもらえることもあるのです。

また、インスタグラムを利用しているのは何かの目的があって検索している人だけではありません。「これといった目的はないけれど、興味が沸くものはないか」「空いた時間に何となくチェックしている」という人もいます。ターゲットを絞り込みすぎなければ、潜在的に商品やサービスに興味があった人がたまたま広告を見つけるということもあるでしょう。

コンバーシジョン(CV)につながる可能性がある

コンバージョン(CV)とはwebサイトでの最終的な成果のことで、商品の購入やアプリのインストールなどがあります。インスタグラム広告ではさまざまなデータを利用して広告を配信するターゲット層を絞れるので、アピールしたい商材に興味のある人が広告を見る可能性が高くなります。その人はもともとその商材に興味があったので、商品を購入したりアプリをインストールしたりする可能性があるというわけです。また、広告を見た人がほかの人にもその商材を勧めることがあるため、紹介された人が購入したりインストールしたりする可能性もあります。

インスタグラム広告の費用について

インスタグラム広告は1日100円から配信できますが、成果が実感できるようになる広告費用の目安は月額数十万円~数百万円程度と言われています。同じ予算でもターゲットをなるべく絞ってある程度の期間広告を配信する方法と、そこまでターゲットを絞らず短期間で多くの人に配信する方法があります。

なお、予算にゆとりがあれば広告代理店やインフルエンサーに依頼して広告を配信することも可能です。広告代理店の場合は一般的に広告費用の20%程度が上乗せされることが多く、実績なども考慮して選ばなければいけません。インフルエンサーに依頼する場合は1フォロワーにつき2~6円程度で計算することが多いようです。インフルエンサーに依頼をすれば自然に宣伝してもらえますが、費用が高額になってしまう傾向があります。

インスタグラム広告の課金方法とは

インスタグラム広告には「CPM課金」「CPC課金」「CPI課金」「CPV課金」という4種類の課金方法があります。それぞれ特徴があるので、目的別に使い分けると効果的です。

CPM課金

CPM課金とはCost Per Milleの略でインプレッション課金ともいわれています。1000回広告が表示されるたびに課金される仕組みで、広告にいいねがついたりリンクをクリックされたりしても課金はされません。商材によって費用は異なるのですが、相場は1000回につき500~1000円程度です。ターゲットをあまり絞り過ぎずに、商品やサービスをより多くの人に認知してもらいたい場合に向いています。CPM課金は比較的費用を抑えて広告を配信できるのがメリットです。

CPC課金

CPC課金はCost Per Clickの略です。web広告ではよく使われる課金方法で、費用は広告がクリックされるたびに発生します。商材のジャンルによって異なるものの、1クリック100円以下が相場です。クリックをするのは基本的に広告を見て興味を持ったユーザーばかりなので、無駄な費用が発生しません。自社サイトへの誘導や商品ページへのアクセスを増やしたいときに向いています。

ただし、間違えてクリックされてしまうことや、逆にまったくクリックされずに配信が止まることもあるので注意が必要です。そのため、ターゲティングを細かく行い広告に興味がありそうなユーザーに向けて配信しましょう。

CPI課金

CPI課金はCost Per Installの略でアプリがインストールされた数に応じて課金されます。費用は1回アプリがインストールされるごとに100~150円程度が相場です。インスタグラムはスマートフォンで利用しているユーザーが多いためスマートフォン向けのアプリを広めたい場合に最適で、インストールされたら課金となるのでコストパフォーマンスも良いといえます。

CPV課金

CPV課金はCost Per Viewの略で、動画広告を配信した際の課金方法です。動画広告が10秒以上再生されると課金され、相場はジャンルによって異なるものの1回再生されるごとに4~7円となります。一定時間広告を視聴されなければ課金もされないので、広告費が無駄になりません。CPV課金で広告が配信できるのはタイムラインかストーリーズのみです。

インスタグラムの広告配信の手順

広告を配信するには、フェイスブック広告の「広告マネージャ」を利用する方法と「インスタグラムアプリ」を利用する方法があります。広告マネージャを利用すると管理がしやすく、インスタグラムアプリで直接配信するとより手軽です。基本的にどちらも流れはほぼ同じですが、今回は一般的に利用されている広告マネージャでの配信手順を紹介します。

まずは、リンクを作成するために必要となる企業用のインスタグラムアカウントを作成しておきましょう。次に、ターゲット層の設定をします。設定できるターゲット層は所在地や年齢、性別をはじめ趣味・関心やフェイスブックデータなどです。細かい部分まで設定できるだけでなく、配信開始後でも変更できます。

ターゲット層が決まったら予算や掲載期間の設定です。予算の設定には掲載期間・キャンペーンで1日ごとに支払う平均費用と、掲載期間・キャンペーンの期間全体で上限額を決める設定があります。なお、費用を設定しても広告枠の落札ができたら請求されるという仕組みなので、設定額がすべて消化されるとは限りません。配信後でも広告マネージャで予算の変更が可能です。

続いて、作成した企業用のインスタグラムアカウントを紐付けします。紐付けしたアカウントからの投稿で広告が配信される仕組みです。ここからは広告の作成をしていきます。広告にする画像や動画はもちろん、見出しやテキスト、CTAボタンの内容を作成し、広告のフォーマットを選択しましょう。作成後はプレビュー機能で広告を確認し、誤字脱字や全体の印象をチェックすることも大切です。問題がなければ配信開始ボタンを押して広告配信を開始します。

インスタグラムの広告はキャンペーンと組み合わせよう

インスタグラムの広告は、キャンペーンと組み合わせると効果的です。広告でキャンペーンを実施していることを知って、内容を確認してみようと企業サイトへ移動する可能性が高くなるからです。例えば、企業サイトでセールなどを開催する際に「年末セール開催中!」など、キャンペーンを広告に載せましょう。

広告にハッシュタグを設定することも可能なので、企業名や商品名とともに検索されやすいワードを設定しておけば認知度をアップさせることもできます。アイテムやサービスを探している人が広告を見た際、企業名のハッシュタグがあるとその企業をチェックしてみようと思う可能性があるからです。

インスタグラム広告 6種とは

インスタグラム広告には「写真広告」「動画広告」「カルーセル広告」「ストーリーズ広告」「コレクション広告」「インスタントエクスペリエンス広告」の6種類があります。それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

写真広告

写真広告は静止画1枚とテキストを表示する広告です。表示はタイムライン上なので広告という印象がなく、違和感がありません。ファイルタイプはjpgかpngでサイズは最大30Mとされており、正方形・縦長・横長ごとに解析度の規定が異なります。一般投稿と同じ正方形が推奨されており、テキスト要素は20%以内に収めなければいけないので注意しましょう。

動画広告

動画とテキストを表示する広告で、正方形か横長の動画を使用できます。実際に動いているところを見て欲しい商品やサービスの広告におすすめです。動画アスペクト比は1.9:1~4.5に対応しており、動画の長さは60秒まで、最大サイズは4Gという規定があります。また、動画も観覧最適化を考慮して正方形が推奨されていて、サムネイル画像のテキスト要素は写真広告と同様に20%以内に収めなければいけません。

カルーセル広告

画像と動画を複数並べられる広告で、スワイプで次の画像や動画を確認できるため情報を多く入れられるのが魅力です。画像の規定はカード点数2~10、画像アスペクト比が1:1、ファイルタイプはjpgかpngとなっています。最小解析度は600×600ピクセルで、最大サイズは画像1枚につき30Mです。テキストは最長2,200文字までですが、1枚につき125文字以内が推奨されています。なお、画像は正方形にトリミングされるので、広告を作る時点で正方形にしていたほうが違和感のない仕上がりになるでしょう。

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告はストーリーズ上で表示される、画像または動画の広告です。ストーリーズを頻繁に利用する層へアピールしたい場合に向いています。フルスクリーンで表示されるため、9:16での入稿が必要で、最大サイズは動画が4G、画像は30MBです。最大表示時間は最大15秒、画像1枚の表示時間は3秒となっています。

コレクション広告

商品やサービスをカタログ形式で表示できるのがコレクション広告です。メインの画像や動画の下に複数の画像が表示され、タップするとさらに画像が表示される形式になります。メインに複数の画像が表示されることで、より多くの情報を伝えることができるのがメリットです。見出しは25文字以内、テキストは90文字以内が推奨されています。また、画像のアスペクト比は正方形が1:1、横長は16:9となっています。スライドショーに対応しているものの1:1より縦長のアスペクト比には対応していないので注意しましょう。

インスタントエクスペリエンス広告

インスタントエクスペリエンス広告は広告をタップするとフルスクリーンで表示される広告です。タップされることで表示されるため、インパクトのある第一印象にする必要があります。しかし、クリックした時点で興味があるということなので、CTAボタンを各スクリーンに設置しておけばコンバージョンにつながる可能性が高くなります。画像と動画をうまく組み合わせてアピールしましょう。

画像形式はjpgかpng、画像は最大20枚で、動画の数に制限はないものの各動画の合計時間は2分以内とされています。テキストは最大500文字、ボタンのテキストは最大30文字です。

インスタグラムで広告配信!手順やメリットを紹介 まとめ

インスタグラム広告はより多くの人に商品やサービスを認知してもらうとともに、コンバージョンを上げるのに有効です。比較的低価格で始められ課金方法や広告の種類が選べるので、広告の内容に合ったものが選べます。ターゲティングをしっかりしたうえで6種類ある広告の特徴と照らし合わせて最適なものを選びましょう。  

また、商品やサービスの認知を広めたい場合、インスタグラムのフォロワーやいいねを増やすことも効果的ですが、急激に増やすのはなかなか難しいものです。そこで、SNSアカウントの急成長をサポートしてくれる広告プラットフォーム「SNS代行.COM」がおすすめです。一般的な類似サービスでは架空のアカウントを使っていることも多いのですが、SNS代行.COMはリアルなアクティブユーザーからの集客なので安心です。

さらに、拡散完了後でも30%以上減少した場合は、2回までなら目標値までの増加を受け付けているため、成果を実感できたのは最初だけだったということもありません。インスタグラムで広告配信をしたい人は、「SNS代行.COM」をおすすめします。

インスタが人気な理由とは?これまでの歴史なども紹介

インスタグラムは10~20代の若者を中心に世界中から絶大な人気を集めている、代表的なSNSのひとつです。SNSは利用しない、スマートフォンは通話だけという人でもインスタグラムという名前は聞いたことがあるでしょう。テレビや雑誌で話題の場所やモノを取り上げる際、インスタグラムの投稿を元に紹介することも少なくありません。

SNSが便利なツールとはいえ、なぜここまで多くの支持を集めているのでしょうか。

この記事ではインスタグラムが人気の理由とともに、これまでの歴史も紹介していきます。

インスタグラムとは?

そもそもインスタグラムはどのような特徴のあるSNSなのでしょうか。特徴や利用者層、楽しみ方を紹介します。

インスタの特徴と利用者層

インスタグラムは画像や動画を撮影・投稿し共有するSNSで、世界中の人が利用しています。特に写真の投稿が活発で、投稿されているのは主に自分が体験したことです。なかでも「話題の○○を食べた」「○○の景色が最高だった」など、感動やおすすめしたいことを投稿している人が少なくありません。プライベートを出さずに交流するSNSもありますが、インスタグラムはプライベートを共有するSNSというと分かりやすいでしょう。

世界中の人が利用しているインスタグラムは、写真や動画を投稿しなくても楽しめます。行ってみたい場所や見たことのない景色を見るなど、新しい発見があるからです。普段の生活では交流する機会のない人とも投稿を共有することで、多種多様な世界観を知ることもできます。

個人の利用以外に、企業が宣伝のために活用することもあります。インスタグラムならインパクトのある画像を投稿して注目を集められるからです。ビジュアルで訴えかけることができるため、イメージが残りやすくなります。

なお、インスタグラムのアクティブアカウント数は10億以上、デイリーアクティブユーザー数は5億以上です。また、国内での月間アクティブアカウントは2019年6月時点で3,300万人。例えば国内月間アクティブアカウントについてほかのSNSと並べてみると、3番目に多い数字になります。

利用者層は20代が最も多く、男女比は男性:女性=4:6と大きな差はない傾向です。月間のアクティブ率が8割以上となっており、ほとんどの人が継続的に利用していることが分かります。

インスタが人気のワケを解説!

インスタグラムに登録している人はもちろん、継続して利用する人が多いのには理由があります。大きく分けると「気軽に投稿可能」「画像編集できる」「情報収集しやすい」「ストーリーズ」「海外との交流」の5つです。それぞれの理由について、ひとつずつチェックしていきましょう。

気軽に投稿できる

1つ目は「気軽に投稿できる」ことです。インスタグラムは登録をすれば投稿が可能で、撮影した写真をその場でアップできます。日常生活での一コマをはじめ、旅行などで体験した感動をリアルタイムで投稿することも可能です。いち早く伝えたいという情報があるときにも活用できます。また、投稿にいいねが付けば共感してもらえたことに喜びを感じ、共有したい被写体を探すという楽しみも生まれます。

さらに、実名で登録する必要はないので、名前や顔を公表せずに投稿が可能です。そこまで親しくない人や仕事関係の人にはあまりプライベートな情報を知られたくない、という人も少なくないはずです。ニックネームで登録をすれば、投稿する際に身構える必要がありません。

「ちょっと投稿してみようかな」といった軽い気持ちで始められることも、利用者が増え続けている理由です。

無料アプリでカンタンに画像編集できる

2つ目は「カンタンに画像編集ができる」ことです。インスタグラムは無料で登録できるうえに、画像や動画の編集機能が充実しています。フィルターで写真を加工する、テキストを挿入する、動画の編集ができる、など様々です。

例えば、同じ写真でもフィルター機能を使えば、レトロな雰囲気にしたりポップな印象にしたりニュアンスを変えることができます。さらに、キラキラやぼかしを入れることもできるので楽しみ方は無限大です。インスタグラムの認知度が高まるにつれて「インスタ映え」や「映える」という言葉も使われるようになりましたよね。撮影するスポットや角度を工夫するだけでも映える写真は撮れますが、画像編集をすればより魅力的な写真になります。

さらに、インスタグラム用の無料アプリもあり、インスタグラム内の画像編集とは違った楽しみ方も可能です。もちろんそのほかの無料アプリで編集した画像を投稿することもできます。

気になる情報を集めやすい

3つ目の理由は「情報を集めやすい」ことです。アクティブユーザーが多い分、新しい情報を集めやすくなっています。インスタグラムで情報を集める際の検索方法は、ハッシュタグとスポット情報です。

ハッシュタグで検索する場合は「#最新スイーツ」のように、気になるキーワードの前に「#」を付けます。特定の商品名や観光スポットなどを入れると、より絞られた情報が見つかるでしょう。なお、「いちご」と「イチゴ」のように、同じモノでも複数のキーワードが存在していることがあります。キーワードを少しずつ変えて検索をすれば、より多くの情報を集めることが可能です。

スポット情報での検索はキーワードを入れる検索のほか、自分がいる場所の周辺情報も探せます。投稿する際にスポット情報を追加すれば、その場所に関する投稿として表示される仕組みです。気になる場所を検索してみたり、旅行先で周辺の情報を集めたりすることもできます。欲しい情報が手軽に手に入るというのは大きなメリットですよね。

24時間しか視聴できないストーリーズ

「24時間しか視聴できないストーリーズ」がインスタの人気を集める4つ目の理由です。ストーリーズは通常の投稿とは異なり、24時間で消えてしまうという特徴があります。ストーリーズに投稿する画像や動画も通常の投稿と同じようにフィルターやスタンプなどで加工が可能です。

24時間で消えてしまうのに、なぜ投稿するのか疑問に感じる人がいるかもしれません。誰かに見てもらうために投稿するはずが、一定時間で消えてしまってはあまり意味がないような印象もあります。しかし逆に期間限定というオプションが付くことで、限られた人しか視聴できない投稿は特別なものになります。限定の投稿を視聴できた人は、ちょっと得をした気分になったり優越感を得られたりするのです。

すでに一定のフォロワーがいる人や企業もストーリーズを有効に活用しています。通常の投稿の裏話や期間限定のクーポンを投稿するなど、活用の仕方はアイディア次第です。

海外の人と交流も可能!

5つ目の理由は「海外の人とも交流可能」ということです。一般的に海外の人と交流するためには、相手の国の言語を知らなくてはいけません。対面での交流はもちろん、インターネット上でも言葉でコミュニケーションをとる必要があります。

一方、写真や動画といったビジュアルを共有するインスタグラムでは、言葉が通じなくても交流が可能です。相手の国の言語が分からなくても、写真や動画ならある程度の情報は伝わります。海外の情報を手に入れたい場合も、インターネットでその国の言語でキーワードを調べれば検索が可能です。海外旅行の前などに、情報誌には載っていない現地のリアルな情報を集めることもできるでしょう。

インスタの歴史とは

インスタは新しいSNSというイメージがあるかもしれませんが、サービスをスタートしたのは2010年のことです。スタートしてからも次々と新たな機能を追加し、進化し続けています。ここからはインスタの歴史をたどってみましょう。

2010年 インスタグラムがスタート

インスタグラムを誕生させたのは、ケビン・シストロスとマイク・クリエガーという二人の男性です。2人はもともと「Burbn(バーブン)」というアプリを開発していました。バーブンのなかでも人気のあった写真の共有機能に特化したサービスを2010年10月6日、App Storeにてスタートさせます。それがインスタグラムです。ちなみにインスタグラムという名称は「instant(即席)」と「telegram(電報)」という言葉から作られました。

当初利用できたのはiOS版のみだったにもかかわらず、サービススタートから3カ月後の2010年12月に100万人ものユーザーを獲得しています。その頃には7カ国語対応へと進化し、2011年1月にハッシュタグが導入されました。同9月にはユーザーが1,000万人を突破。スタートからわずか1年で1,000万人のユーザーを獲得という驚異のスピードで世界中に広がっていきました。

2012年 Facebookアカウントと連携可能に

2012年4月インスタグラムはAndroid版も発表し、ユーザーは3,000万人を突破します。この頃発表されたのがFacebookによる買収です。当時13人で運営していたインスタグラムの買収額は10億ドル(日本円で810億円)というから驚きですよね。

買収されたことでインスタグラムとFacebookのアカウントが連携できるようになり、ユーザーはさらに増え続けます。7月にはユーザーが8,000万人を突破しました。11月にPC版を発表し、年末までに25カ国語対応となります。Facebookのアカウントと連携可能になったうえに、PC版の発表や対応言語が増えたことでユーザーは増加の一途をたどります。

2013年 動画機能が追加

2013年2月になると、インスタグラムの月間アクティブユーザー数が1億人を突破します。月間アクティブユーザーなので、登録している総人数ということではありません。1カ月の間にインスタグラムを実際に利用している人が1億人ということです。1日に投稿される写真は4,000枚、いいねの数は1秒間に8,500回という驚きの数字をたたき出します。

SNSの代表的な存在となったインスタグラムは、6月になると動画機能を追加しました。動画機能を追加するや否や、24時間で500万本もの投稿がされたといわれています。機能を追加した当時、投稿できた動画はその場で撮影した動画のみでした。それでも1日で500万本もの動画が投稿されたということからいかに注目されていたのかが分かります。撮影した動画を後から投稿できるようになったのは2カ月後のことです。ちょうどこの頃、ダイレクト機能やインスタグラム広告などさまざまな機能も追加されました。

そして2014年2月、ついに日本語版公式アカウントが開始されます。

2015年 日本でも広告が可能に!

2015年の5月には、日本でもインスタグラム広告がスタートします。広告配信が可能になり、広告機能も充実したことで企業の利用も増えていきました。2014年の時点では2,000にも達していなかった国内の企業アカウントが、2015年は5,000社突破を果たします。

なお、9月に写真の性能が飛躍的にアップしたiPhone6sが発売されたことも重なり、インスタグラムの人気はさらに加速します。この頃には1日に投稿される写真が8,000万枚、月間アクティブユーザーは4億人を超えていました。

2016年 ストーリーズがスタート

インスタグラムが人気を集める理由のひとつ、ストーリーズがスタートしたのは2016年8月のことです。自ら削除しなくても24時間で自然と消えるという仕組みが話題になり、多くのユーザーがストーリーズの投稿をしました。

2016年は投稿を保存する機能の追加やフィード投稿動画の再生時間を延ばすなど、よりユーザーが楽しめるコンテンツへと進化します。アカウントを複数持てるようになったり、検索でユーザーが関心のある投稿が表示されるようになったりしたのもこの頃です。

2017年 ライブ配信が可能に

2017年にはライブ配信「インスタライブ」がスタートし、リアルタイムの映像を配信できるようになりました。複数のユーザーが一緒に配信できる機能も追加されるなど、新しい形のコミュニケーションを楽しめるようになります。

また「インスタ映え」という言葉は、この年の流行語大賞にもなりました。インスタ映えが流行語大賞に選ばれると、多くの企業が映えることを意識した商品やサービスを提供し始めます。実際に、インスタ映えを意識することで注目を集めた商品やサービスは少なくありません。

2018年 IGTVやShopNowがスタート

2018年6月、動画を投稿できるIGTVがスタートします。動画サービスにはストーリーズやインスタライブもありますが、動画サービス3つの違いは投稿の形や動画の長さなどがあります。

例えば投稿の形をみてみると、ストーリーズは15秒間の画像と動画、インスタライブは最長1時間のライブ配信のみ、IGTVは動画の投稿です。IGTVの動画は基本的に15秒~10分で、フォロワー数によって60分となります。

なお、IGTVの大きな特徴は専用アプリがあることです。インスタグラム内からアクセスすることも可能ですが、専用アプリを利用すると利便性が高まります。

この年は「Shop Now」というインスタグラム内のショッピング機能サービスもスタートしました。商品情報のタグが付いた投稿写真を見て、そのアイテムが欲しいと思ったユーザーがタップすると買い物ができる仕組みです。Shop NowはECサイトを持つ企業が積極的に活用しています。

2019年 若年層を守るために施策を追加

2019年、若年層を守る施策を追加します。いじめ・嫌がらせを防ぐ機能の追加や年代に合わせたプライバシー設定の提案などです。インスタグラムは充実した内容のサービスを提供するだけでなく、利用者が安心して楽しめる環境も追求しています。

2020年8月に新機能「リール」をスタート、同9月にFacebook Messengerとの統合、さらに11月にはショッピングタグがホーム画面に追加されました。

インスタが人気な理由と歴史などもご紹介 まとめ

インスタが人気な理由は「気軽に投稿可能」「画像編集」「情報収集のしやすさ」「ストーリーズ」「海外との交流」などが挙げられます。2010年のサービス開始以来、ユーザーが楽しめるコンテンツや利便性を追求し続けてきたインスタ。これからも新しいサービスを提供し、ユーザーも増え続けてゆくと考えられます。

これほど絶大な人気を集めるインスタは、個人でも企業でもビジネスで利用するのも効果的です。アクティブユーザーが多いうえに、広告機能も充実しているSNSを利用しない手はありません。とはいえ、SNSアカウントを成長させるには、ある程度の時間が必要になります。そこで活用したいのがSNSアカウントを急成させる広告プラットフォーム「SNS代行.COM」です。

SNS代行.COMでは架空アカウントを使わず、アクティブユーザーからのみ集客するため規約違反になりません。安全かつ効率良くいいねの数やコメント数を増やすほか、インスタライブの視聴者を増やします。インスタグラムをビジネス利用するのなら、SNS代行.COMがおすすめです。

TikTokのフォロワーを増やすコツを徹底解説

TikTokと聞くと、「若い子向けのアプリ?」と思う人も多いのではないでしょうか。確かにTikTokは中高生に人気のあるSNSですが、近頃はビジネスコンテンツとしても注目を集めているのです。そのため、さまざまな企業が続々とTikTokに参入しています。

投稿する動画が15秒程度と短いTikTokには、YouTube等に比べて投稿しやすい特長があります。編集したりBGMを付けたりする作業が、アプリ内で簡単にできるのも人気の理由です。ただし、やみくもに動画を投稿しても再生数やいいねにはつながりません。フォロワーを増やすには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。そこで今回は、TikTokのフォロワー数を増やすコツを紹介します。

そもそもTikTok ってどんなもの?

TikTokは中国の「Byte Dance」という会社が運営する、ショート音楽動画コミュニティアプリです。日本では2017年にリリースされました。2018年には全世界のApp Storeのダウンロード数でNo.1アプリに輝き、日本国内でも「JC・JK流行語大賞2018」にランクインした大人気のSNSです。2018年の時点では10~20代の若者ユーザーが多い印象でしたが、現在は年齢を問わず利用者が急増しています。最近では、おじいちゃんやおばあちゃんのダンス動画などもアップされています。

TikTokは動画を撮影し、投稿する動画プラットフォームです。ただし、投稿できるのは15秒~1分程度の短い動画のみ。YouTubeなどに比べてかなり短い動画になりますが、この動画の短さこそが人気の理由です。投稿する側は加工や編集が簡単にでき、投稿のハードルが下がります。思いついたタイミングで、さくっと投稿できるのもポイントです。

一方、SNSを見る側も短い動画ばかりなので、学校の休み時間や電車の待ち時間など、空いた時間に気軽に見られるメリットがあります。アプリ内に無料で使用できる楽曲が用意されているので、BGMを簡単に設定できるのもTikTokならではです。難しいイメージがある動画の加工・編集を、誰でも簡単にできるようにしたTikTokは、飛ぶ鳥を落とす勢いのSNSといえるでしょう。

TikTok が流行した理由とは

TikTokがヒットした理由で考えられるのは、以下の3つです。

1つ目は、中高生におけるスマホの保有率が上昇したことです。2020年に厚生労働省が発表した「中高生のスマホ保有率」は、なんと約80%にのぼります。そのため、友達同士で動画を撮影したり、投稿したりするTikTokは、瞬く間に中高生のハートをつかみました。「Tikる」という言葉も、中高生たちから生まれた言葉です。

2つ目の理由は、「5G」の導入により通信が高速化したことです。動画コンテンツは通信量が大きく負荷がかかるため、敬遠されがちなサービスでした。5G導入によって、ストレスなく動画が見られるようになったのもTikTokが流行した大きな理由のひとつでしょう。

3つ目の理由として、2012年から中学校の義務教育課程にダンスが必修科目になったことが考えられます。TikTokでは、BGMに合わせてダンスを踊る動画が人気です。当然、投稿すると自分のダンスが他人に見られることになります。しかし、普段から人前でダンスを踊っている世代なので、他人に見られることに抵抗がない人も多いです。そうした背景も、TikTokの追い風になったのではないでしょうか。

TikTokでフォロワーを増やす目的は?

若者のエンタメツールであったTikTokは、今やマーケティングツールに変化しつつあります。なぜなら、若い世代にダイレクトにアピールできる唯一無二のツールだからです。アプリを起動すると全画面に表示される「Takeover広告」や、投稿動画と一緒に表示する「Infeed広告」、企業がハッシュタグを指定する参加型プロモーション「Tag challenge」などを利用し、さまざまな企業がTikTokに参入しています。

では反対に、動画を投稿する側にはどのような狙いがあるのでしょうか。世界最大の動画共有サービスであるYouTubeは、再生回数を増やすと広告収入が得られる仕組みです。そのため、多くのユーチューバーがチャンネル登録者数を増やすために、日々工夫を凝らしてさまざまな動画をアップしています。

一方、TikTokでは収入を得ることはできません。つまり、どんなに再生回数が多くても、現時点では自己表現の場でしかないのです。しかし、TikTokをキッカケに有名になっている人もたくさんいます。タレントやインフルエンサーとして活躍する人も多いです。さらに今後は、TikTokで収益化が可能になるといわれています。今からフォロワーを増やしておけば、次世代のインフルエンサーになる日も夢ではないでしょう。

フォロワーを増やす4つのポイント

フォロワーを増やすには、コンテンツ決めやハッシュタグ、告知などポイントを押さえることが大切です。ここでは、TikTokのフォロワーを増やす効果的な方法を紹介します。

人気のコンテンツを選ぶ

YouTubeやニコニコ動画などを含む動画投稿サイトといえば、ネタ系動画、音楽動画、スゴ技動画などを投稿する人が多いです。TikTokにも同じようなカテゴリーの動画が投稿されています。そんななか、TikTokで爆発的な人気を誇っているのが口パク動画「リップシンク」です。リップシンクはTikTokアプリに用意されている音楽に合わせて、口パクやダンスをおこなうものです。歌唱力はもちろん、クオリティーの高いダンスも必要ありません。大事なのは、「15秒の動画をどれだけセンス良くまとめられるか」です。

たとえば、YouTubeで「歌ってみた」・「踊ってみた」系動画を撮影する場合は、ある程度のクオリティーが求められます。動画を見る人の多くが品質の高い動画を期待しているからです。そのため、練習や編集に時間がかかり、気軽に投稿しにくいデメリットがあります。一方、TikTokの視聴者は中高生が多く、クオリティーの高い動画が求められていません。投稿のハードルが低く、気軽な気持ちで参加できるのもTikTokのメリットといえるでしょう。

また、リップシンクは片手にスマホを持ちながら自撮りするスタイル。つまり、振り付けは片手だけでいいのです。どんなにダンスが苦手な人でも覚えやすく、真似しやすいのも人気の理由です。さらに、TikTokには曲を低速再生しながら録画できる機能もあります。ダンスが苦手な人はゆっくり再生しながら踊り、普通の速度に編集すればよいのです。低速再生を使えば、どんなに速い曲でも完璧に踊っているように見えます。0.5倍速や2倍速機能を駆使して、ユニークな動画をつくるのもTikTokの醍醐味です。

ハッシュタグはセンスよく

TikTok に限らず、SNSではハッシュタグが重要な役割を担っています。そもそもハッシュタグとは、どのようなものなのでしょうか。ハッシュタグとは、「#(ハッシュマーク)」をつけたキーワードのことです。たとえば、「#ランチ」「# 犬好き」など、投稿内容に合わせて#の後に続くキーワードを記入します。ハッシュタグを設定すると、同じキーワードをつけた投稿を検索したり、同じ話題を共有できたりするメリットがあります。さらに、ハッシュタグをつけることで、投稿した動画がより多くの人に見てもらえるのです。ただし、人気のハッシュタグを押さえられるかどうかは、インフルエンサーとしてのセンスが問われます。

Instagramで使用率の高いハッシュタグといえは「#love」や「#fashion」ですが、TikTokにはTikTokの人気ハッシュタグが存在します。そのため、「#love」や「#fashion」をつけても、TikTokではフォロワー獲得にはつながらない可能性が高いです。そんななか、「 #おすすめ」、「#おすすめにのりたい」はTikTokの王道タグなので、迷ったときはこれらをタグ付けすれば間違いないでしょう。

なお、TikTokアプリでトレンドを検索すると、公式イベントやキャンペーン、人気急上昇中のハッシュタグが確認できます。より効果的かつセンスのあるハッシュタグをつけたい人は、こまめにトレンドをチェックすることをおすすめします。TikTokのハッシュタグはトレンドの移り変わりが早いので、人気のインフルエンサーや人気動画のタグを真似するのも効果的です。

告知を忘れずに

すでにFacebookやInstagramなど他のSNSで一定のフォロワー数を獲得している人は、そちらでTikTokの告知をする方法もあります。他のSNSであなたをフォローしている人なら、きっとTikTok動画にも興味をもってくれるはずです。プロフィール欄に、TikTokのIDを載せてフォローを促すのもよいでしょう。

面白い動画が撮れたら、多くの人に見てもらいたいものです。そのようなときは、InstagramのストーリーにTikTok動画の一部をアップするのもおすすめです。ただし、ストーリー作成の際には注意点もあります。TikTok動画は15秒程度と短いため、全編アップしてしまいがちです。しかし、ストーリーに動画の全てをアップしてしまうと、視聴者はTikTokをフォローする必要性を感じなくなってしまいます。ストーリーには、「続きを見たい」と思ってもらえるよう動画の冒頭だけをアップすることが大切です。

なお、ストーリーは24時間で自動的に消えてしまうため、ストーリーズアーカイブの設定をおすすめします。アーカイブすれば、作成したストーリーが保存されます。さらに、ハイライト機能を使えば、アーカイブしたストーリーをプロフィールに残したまま公開することも可能です。ハイライトはInstagramのフォロワーに、いつでもTikTokの告知ができる便利な機能なので、使わない手はありません。

プロの手を借りる

いくら簡単に投稿できるTikTokとはいえ、フォロワー数やいいね数を増やすにはそれなりの技術が必要です。そこでおすすめなのがプロの手を借りることです。SNSのアイコン画像を作ってくれたり、見やすい動画の作り方や効果的なハッシュタグの付け方を教えてくれたりするサービスもあります。人によってTikTokの使い方はいろいろなので、ひとりひとりに合ったアドバイスをしてくれます。これからTikTokを始める人はもちろん、TikTokのフォロワーやいいねが思うように増えない人にもおすすめのサービスです。

プロのサポートがあれば多くの人に見てもらえるTikTokになり、たくさんのいいねが付きます。TikTokは日本だけでなくさまざまな国の人が見ているため、新しいチャレンジの扉が開くかもしれません。フォロワーを増やして有名になりたい人、新たなビジネスを始めたい人は、プロのサポートを検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスにおすすめ! TikTokでフォロワーを増やす秘密のテクニック

TikTokには、ビジネスツールとしての使いみちもあります。しかし、どんなに素晴らしい発信をしたところで、見ている人が少なければビジネスにはつながりません。つまりここでも、フォロワー数がカギを握っているのです。

TikTokのフォロワーを増やす効果的な手段は、アプリ起動時に表示される「おすすめ(レコメンド)」で紹介されることです。この「おすすめ」にはフォローの有無に関わらず、動画が表示されるため、知らない人にも自分の動画を見てもらえます。そして、その人に動画が気に入ってもらえればフォローにつながります。ただし「おすすめ」に掲載されるには、再生回数といいね数を急増させ運営側にアピールしなくてはなりません。

TikTokの秘密のテクニックとして、いいねや再生回数、フォロワーを買えるサービスがあるのをご存じでしょうか。実は、TikTokのいいねや再生回数、フォロワーは買えるのです。自分のアカウントのフォロワーを増やすだけでなく、応援したい人のアカウントにフォロワーをプレゼントすることもできます。このサービスの利用が動画をバズらせる起爆剤となり、「おすすめ」で紹介されるきっかけを作るかもしれません。

コツを押さえてTikTokのフォロワーを増やそう

撮影や編集が簡単にできるTikTokは、中高生を中心に爆発的な人気を誇っています。しかし最近では、エンタメツールとしてだけでなくビジネスツールとして幅広い年齢層の人が注目しているようです。TikTokのフォロワーを増やすには、人気動画のコンテンツを選んだり、効果的なハッシュタグを付けたり、他のSNSで告知をしたりする方法があります。さらに、アイコン作りや動画編集などプロのサポートを受けるのもおすすめです。

一方、フォロワー数を増やすために一役買ってくれるのが、アプリ起動時に表示される「おすすめ」機能です。「おすすめ」に表示されると、フォロワー以外の人にも動画を見てもらえます。しかし、この「おすすめ」に載るには、再生回数やいいね数を増やさなくてはなりません。そんななかフォロワーを増やす秘密のテクニックとして、いいねや再生回数、フォロワーを買うサービスがあります。いいねや再生回数を瞬時に増やすことで、動画を一気に拡散するのが狙いです。

広告プラットフォームの『SNS代行.COM( https://sns-daiko.com/)』なら、InstagramやTikTokのフォロワーや再生数、いいね数を目標の数だけ増やせます。同様のサービスを提供する業者のなかには、架空アカウントを利用するところも多いですが、SNS代行.COMはアクティブユーザーから集客するため規約違反の心配もありません。日本人が日本国内で運営しているのも、安心できるポイントです。困ったことがあれば、いつでも問い合わせができます。あなたもSNS代行.COMで、TikTokアカウントを急成長させてみませんか。